健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>ストレスと中性脂肪の関係

ストレスと中性脂肪の関係

ストレスも一時的なものなら問題はないのですが、長い期間に渡りストレスを感じていると健康面で大きなダメージを受けてしまいます。

ストレスがたまると中性脂肪やコレステロールの値が上昇して動脈硬化を促進させていきます。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、胃潰瘍、癌などもストレスと無関係ではありません。


ストレスを感じると体は緊張して自律神経が過度に反応していきます。緊張してドキドキするのは自律神経の異常な興奮が原因です。

自律神経のバランスが変わると副腎の髄質からアドレナリンが、皮質からは副腎皮質ホルモンが分泌されます。

アドレナリンが分泌されると血管が収縮して血圧は上昇してドキドキします。

副腎皮質ホルモンが増加すると血液中に遊離脂肪酸が大量に現れます。遊離脂肪酸が肝臓で中性脂肪やコレステロールに合成され結果として中性脂肪値やコレステロール値を上昇させていきます。


ストレスが長くなると中性脂肪が増えることがあります。中性脂肪が増える状態が長く続くと悪玉LDLコレステロールが増えて善玉HDLコレステロールが減っていきます。

善玉HDLコレステロールが減ると余分なコレステロールは回収されないのでやがて動脈硬化につながっていきます。

動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など危険な病気につながっていきます。

ストレスには免疫力を低下させるので感染症にかかりやすくなります。


ストレスを全く受けない生活は不可能に近いことです。毎日の生活でなるべくストレスを感じないように考えて生活をすることが重要になります。

物事を気にしずぎない、発送を転換してみる、失敗を前向きに解釈することが大切です。


ストレスを受けたときは自分なりの解消法を見つけることも大切です。強いストレスを感じたときはすぐに取り入れるようにしましょう。


ストレス解消のポイントは自分なりにリラックスできる行動や状態を探して覚えておくことです。ストレスを感じたらすぐに試してみましょう。

心だけでなく体が疲れていると状況は更に悪化していきます。たくさん休養をとるだけでストレスが解消されることもあります。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
太った理由は記録をつければわかります
太るには理由があります。生活の記録をつけることで太った理由を見るけることが出来ます。

ダイエットには痩せない停滞期があります
間食を控えて、寝る前の夜食をやめると目に見えて体重が減り始めていきます。はじめに体重が減るのは主に水分が抜けていくので目に見える速度で体重が落ちてきダイエットが楽しい時期です。
お腹まわりの脂肪と生活習慣病
脂肪が体のどこにつくかで肥満は大きく2つに分けることが出来ます。お腹まわりにつく肥満と下半身につく肥満です。特にお腹まわりに脂肪がつく肥満は生活習慣病の疑いがあるので注意が必要です。

体重が増えただけでは肥満とはいえない
体重が増えたことを肥満と思いがちですが、体重が増えただけでは肥満とは言いません。肥満とは体の脂肪の割合が増えた状態を言います。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。