健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?

健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>眠りでストレス解消

眠りでストレス解消

睡眠には浅い眠りの時間と深い眠りの時間があります。浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠と言います。

レス睡眠とノンレム睡眠はそれぞれが1回ずつセットになっていて合わせて90分かかります。

寝てから起きるまでの間に90分周期でサイクルが行われることになります。90分周期の途中で目覚めるととても寝起きが悪くなります。

頭が冴えた状態で眠るとレム睡眠が多くなり眠っても脳は休まりません。脈拍や血圧が不規則な変化を繰り返したり筋肉は弛緩しています。夢を見ている時やいびきがひどい時はレム睡眠状態です。

レム睡眠が長い時や睡眠不足が長く続区都自律神経の働きが崩れ欠越の上昇を招く時があります。


ノンレム睡眠は脳が休んでいる状態なので脈拍や血圧などが安定しています。夢をみることもありません。ノンレム睡眠の時にはホルモンが正常に分泌され体の免疫力を高めることもわかっています。

リラックスするためにはノンレム睡眠の時間を増やすようにするのが一番効果的です。


どうすればノンレム睡眠が増えるのか?。

寝室の温度、湿度を快適にして環境を整える。照明は暗め。

決まった時間に布団に入り決まった時間に起床する。あなたにも最高に寝起きの良い時間がかならずあるはずです。その就寝時間と起床時間を実践すれば良いだけです。

枕の位置は重要です。高すぎず低すぎず、硬すぎず柔らかすぎず自分に快適なものを選びましょう。枕の質は睡眠にも大きく影響します。貴女にピッタリの枕が見つかれば気持ちのよい睡眠は80%約束されたようなものです。




寝る前に中性脂肪値を上昇させるようなものは避ける。お酒は眠りを妨げる作用もあり中性脂肪値をあげるので飲み過ぎはやめましょう。


昼間に15分程度の昼寝をするとその後の活動量が増えるので夜もよく眠ることができます。短時間の昼寝は集中力の強化やいくつかの病気にかかりにくくするなどの効果もあります。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
寝る事について
 ・睡眠は必要なの?
 ・ノンレム睡眠
 ・レム睡眠
 ・寝ないとどうなるの?
 ・睡眠時間ってなあに?
 ・動物たちの睡眠時間
 ・大きないびきはよくない
 ・目と眠気について
 ・眠れる食べ物
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。