健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>緑黄色野菜と中性脂肪

緑黄色野菜と中性脂肪

緑黄色野菜には抗酸化物質であるビタミンC、ビタミンE、ビタミンAを多く含んでいます。抗酸化物質には細胞や悪玉LDLコレステロールの参加を防いで動脈硬化も予防する作用があります。


健康栄養素
 ・ビタミンC
 ・ビタミンE
 ・ベータカロテン
 ・食物繊維

動脈硬化情報



抗酸化物質には細胞の酸化を防いで動脈硬化を予防する効果があります。

抗酸化物質の代表はビタミンC、ビタミンE、ビタミンAを多く含んだ食品である緑黄色野菜です。

お茶や赤ワインに含まれるポリフェノールも知られています。

中性脂肪が気になる人はポリフェノールを多く摂るようにしましょう。


緑黄色野菜に多く含まれる中で抗酸化作用が期待できるのがビタミンCビタミンE、ビタミンAです。

ビタミンCを多く含む野菜や果物にはブロッコリー、小松菜、ほうれん草、カリフラワー、ネーブルオレンジ、柿などがあります。

ビタミンEを多く含むものにはアーモンド、かぼちゃ、ひじき、ひまわり油、コーン油などがあります。

ビタミンAはかぼちゃ、人参、春菊、ほうれん草などに大量に含まれています。


抗酸化作用だけでなく、ブロッコリーや小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCビタミンEには動脈硬化を促進する過酸化脂質を作る働きを抑える働きが期待出来ます。

注意点としてビタミンCは非常に熱に弱く水にも溶けやすいのでちょうりの途中で有効成分が失われやすくなります。

水に晒したり過剰な水洗いは避けて短時間で調理するようにしましょう。食べるときは煮汁もいっしよに食べられる調理方法がお勧めです。


喫煙やストレスでビタミンCは失われていきます。喫煙の習慣がある人やストレスの多い人は多めにビタミンを取るようにしましょう。



かぼちゃやほうれん草に多いビタミンEは悪玉LDLコレステロールを酸化させる活性酸素を回収していきます。

ビタミンEの働きを上手にサポートするのがビタミンCです。

ビタミンCビタミンEを一緒にとることで相乗効果が生まれて効果が高くなります。


飲酒が多い人、ヘビースモーカー、穀類をあまり食べない人はビタミンEが不足していることが考えられるので積極的にとるようにしましょう。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
 野菜コーディネーター
健康志向の高まりで注目されているのが野菜や果物です。美容に、健康にと欠かす事ができません。せっかく食べるなら食材がもつ栄養パワーをおいしく、丸ごといただきたいですよね。野菜コーディネーター は野菜・果物の特徴、選び方、保存方法はもちろん、おいしさと栄養を最大限に引き出す調理法やレシピがしっかりと身につきます。
資料請求は無料で行うことができます。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。