健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>大豆と豆腐のイソフラボン

大豆と豆腐のイソフラボン

大豆にはイソフラボンやビタミンE、食物繊維が豊富に含まれています。このような理由から大豆製品である豆腐や納豆は健康食品として認知されています。

イソフラボン ・ 抗酸化作用があります。
ビタミンE ・ 細胞の酸化を防止します。
食物繊維 ・ コレステロール値を下げる作用があります。


        ・大豆と納豆


大豆製品は非常に優れた食品なので1日1品は食べるようにしたいものです。

大豆を使った食品でも豆腐や高野豆腐、厚揚げ、がんもどきなどの加工食品は大豆の優れた食物繊維が取り除かれているので注意が必要です。

大豆の形が残っている納豆や煮豆、きなこ、おからは食物繊維が豊富に含まれているので毎日食べたい食品です。

油揚げやがんもどき、厚揚げなどは油であげて言うのでカロリーが高くなっています。

油の質が悪いと過酸化脂質を含むこともあるので注意しましょう。

油揚げやがんもどきのように油で上げたものを納豆や豆腐のように毎日食べると肥満につながり中性脂肪値を上げる要因になるので注意しましょう。






イソフラボン
加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、やがて更年期、閉経を迎え、それに 伴い、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。そこで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれるのです。

 ・和食メニューの進め
 ・魚と大豆製品の食事
 ・食品に含まれる油
 ・コレステロールと食品
 ・植物性の脂質を選ぶ
 ・砂糖と果糖に注意
 ・上手に糖質を取る
 ・ビタミン不足と肥満
 ・ビタミンCと動脈硬化予防

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
油を減らす極端な食事制限は長く続きません
コレステロールや中性脂肪の数値がきになると脂質をとるのを極端に減らすように考えてしまいますが極端な食事制限は長く続きません。

下半身強化で太らない体を作る
体を鍛える時に特に注意して鍛えていきたいのが下半身の筋肉です。特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど全身の血液循環にかかわりがあり心臓の働きを助けています。
冷たい水の飲み過ぎは肥満につながります
水にはカロリーがないので飲んでも脂肪になることはありません。しかし水を飲んだだけで太る人がいることも事実です。特に水太りは女性に多い傾向があります。

運動で大切なことは継続です
運動で一番大切なことは、激しい運動を行うことではありません。少しの時間でも良いので毎日行うことです。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。