健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>食物繊維の効果

食物繊維の効果

食物繊維は大腸がんの予防や便秘の解消、コレステロール値を下げる働きがあります。

コレステロールは野菜、果物、海藻、穀類などに多く含まれています。



食物繊維には水に溶ける水溶性のものと、水に溶けない不溶性のものがあります。

水に溶ける食物繊維を水溶性食物繊維、水に溶けないものを不溶性の食物繊維と言います。


海藻、野菜、果物、豆類などの水溶性食物繊維にはコレステロール値を下げる作用があるので動脈硬化を始めとする生活習慣病、高脂血症、糖尿病などの予防に役に立ちます。

大腸がんや便秘の解消にも効果的です。

極端に多い食物繊維を取り過ぎると腸の粘膜を傷つけることがあるので注意しましょう。



食生活で食物繊維は不足しがちです。食物繊維は1日20グラムが目標値ですが足りない人が多いのが現状です。

食物繊維が多いと思われがちな野菜ですがほとんどが水分なので思ったほどの量はとれていないのが現状です。

野菜は1日300グラム食べるのが目標になりますが食物繊維の摂取量は10グラム程度になります。

料理を行うときは煮物や炒めものにして野菜のかさをできるだけ減らして少しでも多く食べられるように工夫しましょう。

きのこや海藻、果物などなるべく多く食べるようにしましょう。





 ・レンコンと食物繊維
 ・大根と切り干し大根
 ・ごぼうと食物繊維
 ・たけのこは低カロリー
 ・セロリと生活習慣病
 ・カボチャの栄養素
 ・トマトの抗酸化作用
 ・キャベツと腸内環境
 ・ピーマンと動脈硬化


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食物繊維は1日25g食べる
1日25グラムの食物繊維をとるのは大変そうですが海藻、キノコ、こんにゃく、果物類、イモ類、大豆、大豆製品を上手に食べることができれば目標をクリアーできます。

野菜で食物繊維をとる
野菜は食物繊維の摂取源として最も大きなウエイトを占めていますがコレステロールを下げるためにもう一皿プラスしましょう。
豆類で食物繊維をとる
豆類には良質のたんぱく質や脂質、炭水化物を含み、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウムや鉄分、カリウムなどのミネラルも含む栄養豊富な食品です。

キノコで食物繊維をとる
キノコはヘミセルロース、セルロース、ペクチン、リグニン、ベータグルカンなどの食物繊維を多く含んでいるので腸内のコレステロールや有害物質を排出し、便秘の解消にも役に立ちます。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。