健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>塩分と血圧の上昇

塩分と血圧の上昇

塩分を多く取り過ぎると中性脂肪やコレステロールに影響します。中性脂肪が高い人、高血圧の人は塩分を上手にコントロールしましょう。

塩分をコントロールするために塩辛いものを控えて料理も薄味で仕上げるようにしましょう。





塩分の多い食品は高血圧の原因になるばかりでなくご飯を食べ過ぎてしまう結果になります。

中性脂肪が増えて肥満になるので高血圧とダブルで悪い結果になります。

毎日の食事ではできるだけ塩分を減らすようにしましょう。

塩分を抑えるポイントは醤油や味噌などの調味料を控えめにしてしっかりと天然のだしを取り料理を薄味にすることです。

薄味の料理でもダシをしっかりと取るようにすれば美味しく食べられるようになります。

化学調味料のインスタント出汁には塩と同じナトリウムが入っているので血圧を上げてしまいます。

最近はインスタントだしにも化学調味料、食塩無添加のものがあるので上手に使うようにしましょう。

煮物や炒めものにはゴマやパセリ、しょうがなどの香りの強いものを使って味にアクセントを付けても美味しくなります。

酢やレモンなどの酸味を使った料理は塩分を控えても美味しく食べることができます。



薄味料理のコツ
 ・天然の出汁、化学調味料【食塩無添加】を使う。
 ・鮮度のよい食品を使う。
 ・香りの強い薬味で味にアクセントを付ける。
 ・酢を使った料理は美味しく塩分も控えられる。


加工食品の注意点
加工食品であるハムやソーセージ、ベーコン、魚の干物、かまぼこ、はんぺんなどの練り物には多くの塩分が含まれています。

加工食品に含まれる塩分は見落としがちになるので注意しましょう。

醤油や味噌などの調味料にも塩分は含まれています。これらの食品を使うときは減塩のものを選ぶようにしましょう。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。