健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>和食と中性脂肪

和食と中性脂肪

和食は低カロリーでダイエット向きの食事です。和食を上手に食べることでお肉も食べることができます。和食を上手に取り入れるようにしましょう。

摂取カロリーを抑えることで中性脂肪を減らすことにつながります。

中性脂肪が順調に減れば肥満解消になります。



 ・食事のとり方
 ・食事のバランス
 ・食事とストレス
 ・食事の回数について
 ・大豆たんぱく質


和食は洋食よりもカロリーが少ない食事が多いのでダイエット向きです。

ご飯、味噌汁、煮物、焼き魚などの簡素な和食が見直されています。

和食は穀類を中心に野菜、魚、いも、きのこ、豆腐、海藻、豆類などで構成される低カロリーでヘルシーなメニューです。

和食にはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれるので塩分のとりすぎに気をつければ栄養からみても理想的な食事です。

和食は洋食屋中華に比べて肥満防止や減量に向いている食事です。

和食はダイエット向きだけでなく、コレステロールのとりすぎも予防できるので中性脂肪を減らすには和食中心の食事にしましょう。


カロリーを上手に抑えるためには低脂肪の食品を使うことがポイントです。

豚バラ肉や肉の脂身、バターなど動物性脂肪はとても高脂肪な食品なので取り過ぎは禁物です。


魚の赤身、豆腐、納豆、魚などは低脂肪食品なので積極的に食べるようにしましょう。

和食では肉を食べられないと思いがちですが、油の少ない部位を上手に選ぶことで美味しく食べることができます。

赤みの魚や青魚、大豆類は良質のタンパク質を多く含んでいるのでいます。またビタミンや食物繊維も多く含みます。

毎日の食事に上手に取り入れて摂取カロリーを減らしましょう。


青魚は白身の魚よりもタンパク値が高く、EPA、DHAも多く含んでいます。しかしカロリーも高めなので多く食べないようにしましょう。






和食で大事なことは減塩した和食です。
和食はこれすtロール地の改善にも有効です。特に減塩した和食は動脈硬化の予防にもつながります。洋食は一般的に動物性脂肪が多くコレステロール値が上がる食品が多く使われていることが問題になります。

和食の優れているところは、伝統的な和食の食事にはコレステロールを下げる野菜やきのこ、魚料理が多く使われていることです。洋食に比べて動物性脂肪が少ないのも魅力的です。

塩分が多いのが和食のデメリットです。塩分が多くなると高血圧をまねき動脈硬化を促進する危険があります。

 ・和食とダイエット
 ・生活習慣の改善
 ・肥満度と適正体重
 ・食事は腹八分目
 ・朝食抜きと肥満
 ・規則正しい食事時間
 ・甘い食べ物に注意
 ・食生活の改善
 ・バランスの良い食事
 ・欧米型食事と問題点
 ・和食メニューの進め
 ・魚と大豆製品の食事

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食生活のポイント紹介
中性脂肪やコレステロールを減らすためのポイントは自分の食事生活を見直す事です。自分の食事生活を見直していくと必ず悪い習慣が見つかるはずです。

タバコと中性脂肪の関係
タバコはなかなかやめることができない習慣です。タバコは動脈硬化を促進し脳血管庄や心疾患を起こす大きな要因になります。
ストレスと中性脂肪の関係
ストレスも一時的なものなら問題はないのですが、長い期間に渡りストレスを感じていると健康面で大きなダメージを受けてしまいます。

リラックスでストレス解消
ストレスが長くなると中性脂肪が増えることがあります。中性脂肪が増える状態が長く続くと悪玉LDLコレステロールが増えて善玉HDLコレステロールが減っていきます。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。