健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>上手な食べ方

上手な食べ方

肥満になる理由は食べ過ぎです。

運動で消費する以上のエネルギーを摂取すれば肥満になります。

食べ過ぎを改善する方法を身につければ肥満解消になります。



肥満は中性脂肪がたまりすぎた状態で1日に必要とされるエネルギーrょ雨を上回るカロリー摂取が原因の一つです。

太っている人の多くがたくさん食べていないと感じています。

食べる量が多くなくても、脂肪の多い食品を好んでいたりカロリーの多い食品を食べていたりすることがあります。

量だけでなく栄養の偏りに問題がある場合もあります。

朝食を抜くと体は省エネモードになり、消費エネルギーが減るのでかえってマイナスです。

食べたものが消費されないと中性脂肪となり体に蓄えられ肥満になります。


食べ方の工夫

規則正しい食事
1日3食きちんと決まった時間に食事しましょう。かたよった栄養はストレスのもとになります。

ゆっくり食べる
早食いは食べ過ぎのもとです。食欲中枢にブレーキが掛かるまで20分程度必要なのでゆっくり食べましょう。

盛り付けは一人前に
大皿から取り分けて食べると自分がどれくらい食べたかわからなくなります。

ながら食いをしない
テレビを見ながらの食事はテレビに気を取られて食べ過ぎてしまいがちです。

やけ食いをしない
理性を失っエチル時の食事は過食になりがちです。

外食は避ける
外食は味付けが濃く、穀類、脂肪も多く含まれています。

食べ物を買い置きしない
身近に食べ物があると食べ過ぎてしまいます。



 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。