健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>外食のカロリーに注意

外食のカロリーに注意

動物性脂肪の多い外食を毎日食べればカロリーオーバーになり肥満になるのは当然です。

外食は自宅で食べる食事に比べて栄養のバランスが悪鋳物があります。塩分も多く使われています。





外食には動物性脂肪が多く含まれていものがあるので頻繁に外食を行うとカロリーオーバーになってしまいます。

野菜や海藻が不足してしまうので栄養のバランスも悪く味付けも濃くなるので塩分を取り過ぎてしまい体によくありません。

外食でカロリーが低く栄養バランスが優れているのが和食です。

ただし和食は塩分が多いのが注意点です。丼ものもカロリーが高いので食べるときは定食にしましょう。



外食を上手にカロリーダウンする方法

脂肪の多い肉は避ける。
ひき肉やばら肉、霜降り葉脂肪を多く含んでいます。肉の脂肪は飽和脂肪酸が多くカロリーも高いので意識して食べないようにすることが大事です。

揚げ物は避ける。
揚げ物は脂を吸収しているのでカロリーが非常に高くなります。油は何回も使うことで酸化してしまい体によくありません。

定食を選ぶ。
定食は外食の中では栄養のバランスが比較的とれています。外食では和食の定食を食べるようにしましょう。

丼には野菜をプラスします。
丼ものや麺もの葉主食が多く野菜不足になりがちです。サラダやおひたしなどを上手にプラスしましょう。

麺類の汁は残す。
蕎麦やラーメンなどの汁には塩分や脂が多く使われています。特にとんこつ系のラーメンには脂肪が多く含まれているので要注意です。



手軽な食事にも要注意

手軽に食べることができるコンビニ弁当やファストフードですが外食と同じように高カロリー、塩分過多、栄養のバランスが悪いなどの問題があります。

カロリーが高くなり過ぎないように脂肪分の少ない弁当を選ぶようにしましょう。栄養のバランスを考えて種類が多い幕の内などが良いと思います。

コンビニのベントは比較的野菜が少ないのでサラダなどを一品プラスすると良いでしょう。



揚げ物はできたてを食べる

揚げ物は時間が経つと油の酸化が進むのでつくりたてを選ぶようにします。

揚げ物を食べるときはサラダなどの野菜をプラスするようにします。








 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
体脂肪について
体脂肪はいらないものではありません。体に蓄えられた脂肪は生活を遺事するエネルギー源としてとても大切なモノです。体脂肪はいらないものではありません。

ヌルヌル食品で体力向上
ヌルヌル、ネバネバ自体は有用な成分を含んでいなくても、ヌルヌルした食品には健康に有効な成分を持つ食品が多くあります
ソース控えめのお好み焼きはバランスの良い食事です
お好み焼きに使われる基本的な材料は、肉か魚介、たくさんの量のキャベツ、卵、小麦粉などです。栄養的にお好み焼きはバランスがよい食べ物です。

凍り豆腐で上手にタンパク質補給
ヘルシーな食材として豆腐はダイエットにピッタリの食べ物です。豆腐を凍結して解凍したものを乾燥させて作るのが凍り豆腐 です。関東では高野豆腐、東北ではしみ豆腐とも呼ばれています。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved