健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>アルコールの楽しみ方

アルコールの楽しみ方

アルコールは上手に飲むことが出来れば悪いものではありません。お酒と上手に付き合えるようになりましょう。

適度なアルコールは健康にとって有効です。


 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ


アルコールを飲むことで血行が良くなったり、善玉HDLコレステロールを増やしたりストレスの解消にもつながります。

疲労回復の役目などもあります。

アルコールと上手に付き合えるようになればお酒は健康に役に立ちます。正しく長く付き合うためにもいくつか注意点があります。



アルコールを飲み過ぎない。飲み過ぎれば毒になります。

アルコールの適量を知ることが大切です。アルコールの適量には個人差があるのでどれくらいの量が適量かは自分で判断しましょう。

ビール大瓶1本、日本酒1合、焼酎コップ2杯、ウイスキーシングル2杯、ワイン3杯程が兵的的な適量です。コレ以上に飲んでいる人は注意しましょう。

カクテルやチューハイ、サワーには糖質が多く含まれているので注意が必要です。

肝臓にたまる中性脂肪はアルコールからも作られます。飲み過ぎは中性脂肪の増加を意味するので注意しましょう。

高中性脂肪血症の人や高コレステロール血症の人は注意が必要です。



お酒のつまみは高カロリーのものが多くあります。

酒のつまみにも注意しましょう。アルコールを飲むとどうしても味の濃いものが欲しくなります。

つまみは大豆、魚、野菜の多い和食にするのがお勧めです。

飲んだ後の腹ごしらえは禁物です。ご飯や麺類などの糖質を摂取するとアルコール効果で中性脂肪の合成が促進されるところえ材料を入れているようなものです。

飲酒してからのアルコール摂取は中性脂肪を増やす行為なので控えましょう。



空腹時の1杯をやめて休館日を作りましょう。

お腹が空いている時のお酒は美味しくとても気持ちが良くなります。しかし胃腸への負担が大きいのであまりおすすめしません。

適量を守っても肝臓が持ちません。

お酒と長く付き合うためには朝明を飲まない休肝日を設けることが大切です。




 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
 ・7つの生活習慣
 ・食べ過ぎない事
 ・アルコールは控える
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。