健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>激しい運動に注意

激しい運動に注意

酸素は生きていくうえで必要なものです。

酸素は体の中で有害な活性酸素を作る材料にもなります。




有害なウイルスが体の中に入った時に毒性の強い活性酸素で撃退するように体が防御システムを働かせるからです。

活性酸素は老化の促進、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病やがんの発生に大きく関係していることがわかってきました。

ハードな運動で酸素が多量に消費されたりストレスや喫煙、紫外線、排ガスにより活性酸素が多量に作られると体に害を及ぼすことがあります。


激しい運動を行うと活性酸素が発生します。

激しい運動を行うとたくさんの酸素が体に取り込まれていきます。同時に多くの活性酸素も体に取り込まれていきます。

活性酸素により全身の細胞や器官、組織が攻撃されることに成コレが老化を早めていき生活習慣病を誘発することになります。

運動は健康維持に大切です。

しかし激しい運動は体内で活性酸素の活動を消滅させる抗酸化能力の衰えはじめた中高年の人にとってはとても危険なことです。

活性酸素は多くの生活習慣病の危険因子でもある動脈硬化の誘発に深く関わっています。

活性酸素により悪玉LDLコレステロールが酸化して連鎖反応で動脈硬化は起こります。コレステロールの酸化が動脈硬化に深く関わってきます。

血液中の悪玉LDLコレステロールが多ければ多いほど活性酸素に攻撃されることも多くなり酸化が進んで動脈硬化になる割合も高くなります。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。