健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>高血圧症に注意

高血圧症に注意

長い時間自覚症状もなく動脈硬化を進行させ定期最後に脳内出血や脳梗塞、心筋梗塞を招くのが高血圧症です。

肥満や中性脂肪値の高い人は特に注意が必要です。




血圧とは血液が流れるときに血管にかかる圧力のことです。血管の健康状態を判断する重要な指針になります。

血圧を測定し最高血圧、最低血圧の一方が正常値よりも高くなると高血圧症となります。

高血圧症になる要因はいろいろあり検査しても高血圧の原因となる病気が見つからないこともあります。

特定の要因だけでなく、塩分のとりすぎ、運動不足、喫煙、肥満、不規則な生活などの生活環境、習慣に要因があるケースと、遺伝的体質が原因担っているケースが多く見られます。

高血圧症の血液検査を行うと中性脂肪値が高く、善玉HDLコレステロール値が低いというデータがあります。

中性脂肪値の高い人や肥満の人は血液中の中性脂肪やコレステロールが多いので血液が流れにくくなるので高血圧症になる確率が高くなります。

血液が流れにくくなると、ポンプの役目をする心臓に大きな負担がかかります。

高血圧症や糖尿病等があると血液の粘度は更に高まるので心臓の負担も大きくなり大きな力で血液を送り出す必要があるので血圧は上昇していきます。

高い圧力で血液が流れることで血管の内部は傷つきやすくなります。血管に傷が付くことで動脈硬化の原因につながっていきます。

動脈硬化がおこり血管の内部が狭くなれば血圧は更に高くなる悪循環を繰り返していきます。

狭心症、心筋梗塞、心不全、脳内出血、脳梗塞などの疾患は高血圧や高脂血症で起こる怖い病気です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。