健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>激しい痛みの痛風

激しい痛みの痛風

大食いの人やアルコール好き、ビールの好きな人に多いと言われ痛みが激しいのが特徴の痛風です。

痛風は激痛に苦しむことがあるので苦しい思いを剃る前に食生活を改善しましょう。




痛風は一般的に足の付根に激痛が走りそれが足の甲やかかと、くるぶし、アキレス腱付近、膝、手首、方などに広がっていきます。

痛風は血液中の尿酸の量が増えることで引き起こされます。

肥満や中性脂肪が高い人は尿酸値も高くなりやすいので注意が必要になります。

高尿酸血症が続くと血液中に余った尿酸は関節内部や肝臓に蓄積されていきます。蓄積されたものが時間が立つことで結晶となり白血球が集まります。激痛の原因葉白血球の働きによるものです。

痛風が女性に少ないのは女性ホルモンに尿酸値を下げる働きがあるからです。


痛風の痛みはとても激しいのでひどい時には歩くこともできません。少し体を動かすこともできないくらいです。

普通は一週間ぐらいで痛み花おりますが関節の腫れを伴い再発します。

中年以降の男性は食べ過ぎ、肉類を多く食べる人、飲酒が多い人の中でもビールが好きな人は特に注意が必要です。

治療についてはタンパク質の一つであるプリン体を含む食品を取り過ぎないことや水分をたくさん飲むことで尿酸値を下げるようにします。

痛風が進行すると高脂血症や尿路結晶、腎臓障害、糖尿病、高血圧症、心筋梗塞などになる恐れがあります。

痛風は食生活の改善で予防、治療できるケースが多い疾患なので日ごろの生活習慣が大切になります。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved