健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>脂肪肝に注意

脂肪肝に注意

肝臓何中性脂肪がたくさんたまルのが脂肪肝です。脂肪肝は糖質、脂質、アルコールのとりすぎでなります。




肝臓は消化された栄養を代謝して吸収されやすくする、消化酵素を作る、老廃物を体の外に排出する、余った脂肪やタンパク質を脂肪やグリコーゲンに変えて蓄えるなどの働きを行う臓器です。

肝臓の中に異常に脂肪が溜まった状態が脂肪肝です。

中性脂肪が肝臓に溜まり過ぎると代謝や解毒作用を行えなくなっていきます。体がだるく感じるだけでなく肝硬変にもつながっていきます。

脂肪肝になる主な理由として肥満、アルコールのとりすぎ、食べ過ぎ、運動不足、糖質のとりすぎなどがあります。

高脂血症、高中性脂肪血症、糖尿病などの合併症の場合もあります。

肝硬変の改善には食生活の改善が必要になります。

肝臓に蓄えられた脂肪は糖質やアルコールからも合成されます。

飲み過ぎという過剰なエネルギー摂取は脂肪肝につながります。飲酒の量には十分注意しましょう。

早食い、大食い、糖質のとりすぎはやめ夜食もやめましょう。

高中性脂肪血症、高脂血症の人は血液中に死亡が多くあるのでそれだけで脂肪肝になる可能性が高くなります。

注意して食生活の見直しを行いましょう。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。