健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識>コレステロールと健康診断

コレステロールと健康診断

コレステロール値の異常は健康診断で発見されます。

健康診断でコレステロール値が高いことを指摘されても自覚症状がなくそのままにしておく人も少なくありません。

高くなったコレステロール値を放置しておくと体の中では静かに動脈硬化が進行し血管の内側が狭くなり心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性が高くなります。

血管の老化と言える状態を作り出す危険因子の一つがコレステロールです。

動脈硬化はかなり進行しないと自覚症状が現れないので厄介です。自覚症状はないけれどもコレステロール値が危険を知らせてくれると考え対応したいものです。

健康診断では悪玉LDLコレステロール、善玉HDLコレステロールの数値を見るようになっています。

悪玉LDLコレステロールの数値が高くなるとよくありません。逆に善玉HDLコレステロールの数値が低いのもよくありません。

総コレステロール値が高めでも善玉HDLコレステロールが高く他に高血圧や糖尿病、肥満がない人はそれほど心配はいりません。

善玉HDLコレステロールが低く他の病気がある人は要注意です。



コレステロール値が高いと

コレステロールを多く含む血液は粘度が増し血管の壁にくっつきやすくなるドロドロ状態になります。

 ↓

動脈の壁にコレステロールが入り込み血管の壁を押し上げてコブ状になり動脈硬化が進み血管の内側が狭くなっていきます。

 ↓

血管の壁に血栓ができ血管がつまり血流を止めてしまいます。コレが心臓で起こると心筋梗塞、脳で起こると脳梗塞になります。







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
有酸素運動とウォーキング
ウォーキングは運動が苦手な人でも気軽に始めることができます。必要なものもシューズ以外に特別なものは必要な手軽な有酸素運動です。

簡単筋トレで運動効率UP
コレステロール値改善のためには有酸素運動を中心に行いますがこれに筋肉トレーニングをプラスすると運動の効果が高くなります。
運動前トストレッチ
ウォーミングアップを行うことで血流がよくなるので運動による急激な血圧の上昇も防ぐことができます。

生活の中で運動を増やす
コレステロール値の改善には運動が大切です。しかし運動する時間が取れない人も多いと思います。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。