健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識>コレステロールとは

コレステロールとは

コレステロールは体の中に存在する脂肪の一つです。通常は少し黄色みを帯びた白っぽい個体です。

血液中には4種類の紙質があります。中性脂肪や遊離脂肪酸がエネルギーになるのに対してコレステロールやリン脂質は細胞の構成成分として働きます。

コレステロールは細胞を構成する細胞膜の材料になっています。人間の体は約60兆個の細胞で構成されていますが細胞一つを家に例えるとコレステロールは家を支える屋台骨のような役割です。

コレステロールは副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどの材料であり脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の材料、ビタミンDの材料にもなっています。

コレステロールは生きていくうえで必要なものです。


動脈硬化が進んだ血管にコレステロールが多く付着していることや総コレステロール値が高い人は心疾患の発症が高い、死亡率も高いなどの研究が発表されてコレステロール値が高いことに警鐘が鳴らされています。


コレステロールは多すぎても問題がありますが、生きていくうえで必要な物なので少なすぎても問題です。

コレステロールが不足すると免疫力の低下など短命になるとも言われています。


コレステロールの働き
 ・細胞膜の材料になる
 ・ホルモンの材料になる
 ・胆汁酸の材料になる
 ・ビタミンDの材料になる

血液中の脂質
 ・コレステロール : 細胞膜、ホルモン、胆汁酸の材料
 ・中性脂肪 : 脂肪のことでエネルギーになる
 ・遊離脂肪酸 : 中性脂肪が分解されてできる。エネルギーとしてすぐ使われる。
 リン脂質 : 細胞の構成成分。水に溶けやすい部分と、油に溶けやすい部分がある。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記



TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。