健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識

2種類のコレステロール

コレステロールには悪玉LDLコレステロールと、善玉HDLコレステロールがあります。

コレステロールは脂質なので本来水が主成分の血液には溶けることができずに単独では血液に乗り移動はできません。

リン脂質やタンパク質の水に溶けやすい部分を外側にしてコレステロールや中性脂肪を内側に包み込むようなリポたんぱくという粒子を形成して水溶性となり血液中を移動します。

リポたんぱくはコレステロール中性脂肪を運ぶ船のようなものです。含まれる脂質の割合で、カイロミクロン、VLDL、IDL、LDL、HDLに分けられます。


LDLもHDLもリポたんぱくの種類でコレステロールの種類には違いありません。

大切な役割を持つLDLが悪玉と呼ばれるのは肝臓から全身に循環する途中に臓器や細胞で使われなかった余分なコレステロールを動脈壁に押し込んで貯めこんでしまい動脈硬化の原因をつくってしまうからです。

HDLが善玉コレステロールと言われるのは血液中や動脈壁に溜まったコレステロールを引きぬき回収して肝臓に届ける役割をするからです。


LDLとHDLの働き
LDL : 肝臓から各組織にコレステロールを運びます。
HDL : 押し込まれたコレステロールを回収します。

余ったコレステロールは血管壁の内側に押し込まれ動脈硬化を促進させます。







 コレステロールはなぜ上がるか
コレステロールが上がる最大の理由は、生活習慣です。コレステロールが上がる理由は、肉類や乳製品のとりすぎ、運動不足、肥満が大きな理由です。

血液注の脂質の状態が悪化すると動脈硬化になる危険性が大きくなります。



コレステロールの基礎知識
 ・コレステロールと健康診断
 ・コレステロールとは
 ・2種類のコレステロール
 ・悪玉LDLコレステロール
 ・コレステロールと病気
 ・コレステロール値が上がる理由
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・メタボリックシンドロームとの関係
 ・肥満とコレステロールの関係
 ・脂質異常の疑いがあるとき
 ・脂質異常の治療方法
 ・漢方で高コレステロール改善


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記


冷たい水の飲み過ぎは肥満につながります
水にはカロリーがないので飲んでも脂肪になることはありません。しかし水を飲んだだけで太る人がいることも事実です。特に水太りは女性に多い傾向があります。

運動で大切なことは継続です
運動で一番大切なことは、激しい運動を行うことではありません。少しの時間でも良いので毎日行うことです。
下半身強化で太らない体を作る
体を鍛える時に特に注意して鍛えていきたいのが下半身の筋肉です。特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど全身の血液循環にかかわりがあり心臓の働きを助けています。

運動で病気の予防と改善
糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、動脈硬化などの生活習慣病のほとんどが肥満が要因の一つになっています。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。