健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識>悪玉LDLコレステロール

悪玉LDLコレステロール

血液中の悪玉LDLコレステローっるが過剰になると余ったコレステロールは動脈壁に入り込み動脈硬化を引き起こしていきます。

動脈硬化とは血管が柔軟性を失い硬くなり狭くなって詰まりやすくなったり破れやすくなったりする状態を言います。


悪玉LDLコレステロールは動脈壁に入り込むと活性酸素により酸化LDLに変化します。

酸化LDLが動脈硬化の現況です。

悪玉LDLコレステロールの過剰を防ぐだけでなく活性酸素を抑えることも重要になります。

ストレスを溜めない、禁煙、抗酸化物質を含む食品を積極的に食べるなどの対策を立てるようにしましょう。


酸化LDLができると免疫細胞のマクロファージが異物と認識し食べて処理します。マクロファージは白血球の一種で異物となった酸化LDLを処理していきます。

コレステロールをたくさん処理したマクロファージは泡状に膨れて血管の内皮細胞の内側にたまり血管壁を押し上げ血管の内腔を狭くします。

進行するとコブ状に膨れた血管壁が破裂、壁を修復するように血栓ができます。

血栓は血小板が固まったもの。切り傷ができると血小板が働いて出血を止めますがその時に出来る血の塊が血栓です。

血管壁でも同じ事がおこり血栓が血管の内壁をさらに狭め最後には塞いでしまいます。

血栓がはがれて血管内を移動して狭くなった血管を塞ぐこともあります。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記



TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。