健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識>コレステロールと病気

コレステロールと病気

悪玉LDLコレステロールを放置しておくと動脈硬化が進みいろいろな病気を引き起こしていきます。



脳梗塞、脳出血
脳の血管が破れる脳出血、くも膜下出血、脳の血管が詰まる脳梗塞。これらの総称が脳卒中です。


狭心症、心筋梗塞
新装の冠動脈が狭くなり心筋に酸素やエネルギーの供給が不足して発作を起こす狭心症。冠動脈がつまり起こる心筋梗塞。心筋梗塞の発作は激痛が長く続きます。


閉塞性動脈硬化症
手足の動脈が狭くなり血管の流れが悪くなる動脈硬化症。一定の距離を歩くと筋肉痛で歩けなくなることがあります。悪化すると指が壊死することもあります。


解離性大動脈瘤【かいりせいだいどうみゃくりゅう】
大動脈の壁の中層が避けて突発的に胸、背中、腹に激痛が走ります。死に至るリスクもあります。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記



TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。