健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識

コレステロール値が上がる理由

コレステロール値が上がる最大の原因は食生活です。

コレステロールは食品から体に入れる分と肝臓で合成される分とがあり上手にバランスをとっています。

コレステロールの材料が摂取過剰になると余分なコレステロールができやすくなります。

コレステロールを多く含む食品の食べ過ぎはもちろんですが肝臓で合成される場合も脂質や糖質が使われるため食事で摂取する総エネルギー量が多すぎてもコレステロールを増やすことになります。

肉や油脂分の多い食事をすることで体格は立派になりましたがコレステロール値を揚げ高血圧や肥満などが問題になっています。

肉類や脂肪分を取り過ぎていないかエネルギー過剰になっていないか見なおす必要があります。


運動不足も血液中のコレステロールバランスを乱して動脈硬化を進行させます。

ストレスも大きく関係しています。ストレスを貯めこむことで暴飲暴食になりコレステロールを増やして活性酸素を発生させて悪玉LDLコレステロールの酸化を促進します。







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
 ・コレステロールと健康診断
 ・コレステロールとは
 ・2種類のコレステロール
 ・悪玉LDLコレステロール
 ・コレステロールと病気
 ・コレステロール値が上がる理由
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・メタボリックシンドロームとの関係
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。