健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識>脂質異常の疑いがあるとき

脂質異常の疑いがあるとき

脂質異常症の疑いがあるときは血液中の悪玉LDLコレステロール値が高い場合、善玉HDLコレステロール値が低い場合、中性脂肪値が高い場合などです。

コレは血管の動脈硬化が始まっている可能性があることを意味します。

動脈硬化は相当悪くならないと自覚症状はないのでこれらの数値が血管の異常を知らせてくれます。

沈黙の臓器といわれる肝臓や腎臓の機能が正常に働いているかも確認できます。

定期的に脂質の数値を知ること葉血管の健康状態を知り、重大な病気の予防にもつながります。


脂質異常症の疑いがあるときは必ず再検査を受けるようにしましょう。

動脈硬化の進行具合、高血圧、糖尿病、肥満などの合併症はないか、喫煙や食生活などを確認し総合的に判断し治療方法を決めていきます。

再検査としては血圧測定、心電図、胸部X線、眼底の検査、血清リポたんぱく検査、頸動脈、心臓、腹部の超音波測定などがあります。


脂質異常症について

高悪玉LDLコレステロール血症は、動脈硬化、脳血管障害、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、解離性大動脈瘤、アキレス腱肥厚、角膜輪などになりやすくなります。

低善玉HDLコレステロール血症は、動脈硬化、脳血管障害、心疾患などになりやすくなります。


子供の脂質異常症
子供の脂質異常症の診断基準は善玉HDLコレステロールと悪玉LDLコレステロールの数値は成人と同じですが、中性脂肪の数値は厳しいものになっています。

成人に比べて遺伝性の脂質異常症が多く家族性高コレステロール血症が多いのが特徴です。家族に脂質異常の人がいる場合には早くから注意しましょう。

最近では遺伝ではなくても、食生活の乱れや運動不足から脂質異常になる子供が多くいます。

動物性脂肪や脂質など特にスナック菓子やファストフード、清涼飲料水のとりすぎに注意が必要です。


高年齢の脂質異常症
高年齢の脂質異常症で注意が必要なのが様々な疾患を抱えていることが多いからです。

肝機能や腎機能、薬物代謝機能も低下していることが多いので食事、運動など生活習慣の改善がしにくいことが理由にあります。

脂質異常症と言われたら医師とよく相談を行い改善、治療に取り組むことが大切になります。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
まとめ食い、ドカ食いは肥満の原因です
食事が不規則になると食べられるお気にまとめ食いをする傾向が強くなります。

不規則な食事習慣と肥満
食事の時間がいつも不規則で長時間食べないことがあると体は食事【エネルギー】がいつ入ってくるかわからない食事に対してエネルギーをできるだけ吸収していざというときに備えようとします。
狭心症と心筋梗塞
心臓に血液を供給する冠動脈が動脈硬化になると狭心症や心筋梗塞になる可能性があります。

脳梗塞と動脈硬化
脳の血管が動脈硬化になると動脈が血栓で詰まる脳梗塞が起こりやすくなります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。