健康第一 コレステロール情報コレステロールの基礎知識>脂質異常の治療方法

脂質異常の治療方法

脂質異常症になったら治療が必要になります。

さらに危険因子が重なるとリスクが高くなることから日本動脈硬化学会では脂質の管理目標値や治療方針を決めています。

心筋梗塞や狭心症の病歴がある人は生活改善と同時に薬物治療を考えます。

悪玉LDLコレステロールの管理目標値も100r/dl未満となります。

心筋梗塞や狭心症の病歴がない人は加齢、高血圧、糖尿病、喫煙、冠動脈疾患、低善玉HDLコレステロール血症の危険因子の数によりきめられています。

糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併があるときはリスクが高くなります。

遺伝的要因の家族性高コレステロール血症の場合は医師と相談が必要になります。


まずはじめに行うのが生活習慣の改善です。

食生活の改善や運動療法、生活習慣の改善を行い禁煙など生活習慣の改善を行います。

生活習慣の改善で脂質の数値を改善していきます。高血圧や糖尿病がある場合は治療もあわせて行います。


生活習慣の改善は気が重い面もありますがやってみると体は健康になり生活そのものも快適になるということがあります。

定期的に血液検査を行い効果を確認しながら進めていきます。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記



TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。