健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?

健康第一 コレステロール情報食生活の改善>朝食をしっかり食べる

朝食をしっかり食べる

食事を抜くと太りやすくなります。

忙しいと食事の時間も回数も不規則になりがちですが食事は1日3回決まった時間に食べることが重要です。

食事を抜くと体に栄養が入ってこない時間が長くなります。

飢餓状態になると体は栄養をたくさん吸収しようとしてコレステロールの原料である栄養を蓄えようとし体の中でコレステロールの合成も促進されます。

食事を抜くことによりどんどん太りやすい体になりコレステロール値も上がってしまいます。

朝食を抜くと夕食からの時間が長くなるのでダメージは大きくなります。


朝食を食べることで昼、夜のドカ食いが防げます。

朝食を抜くと昼と夜の2食で1日に必要な栄養を補わなければいけません。

空腹状態が長くなると胃腸の働きも活発になり1回の食事の量が多くなります。

太りやすい体質になっているうえにまとめ食いをしたので肥満へ一直線です。

ダイエットのために朝食を抜くのは大きな間違いです。朝食を毎日食べるほうが肥満になる傾向は低くなります。

疲れやすい、仕事や勉強に集中できない、イライラするなどは朝食を抜いているせいかもしれません。

朝食を食べたが学生のほうが試験の成績も体力もよいことが明らかになっています。

朝食を食べることで頭も体も活性化していきます。


朝食の効果

体が目覚める
朝食でエネルギーを摂取すれば体温が上がり活動状態に入れます。

脳が活性化する
夜の間に失われたブドウ糖を朝食で補給できます。

生活のリズムができます
体と脳がシャキッと目が覚めて生活のリズムが整い体調の良い状態を保ちます。

排便の習慣ができます
朝食を食べることでいや腸が刺激を受けて排便がよくなります。


朝食にお勧めな食材
忙しい朝はすぐに食べられるものや作り置きのおかずを用意しておくと手間がかかりません。

豆腐、納豆、乳製品、ご飯、パン、ツナの水煮缶や鮭缶、切るだけのサラダ、煮豆やきんぴら、卵。果物、海藻

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記



TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。