健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?

健康第一 コレステロール情報食生活の改善>夕食が遅くなる時はカロリーに注意

夕食が遅くなる時はカロリーに注意

夜9時以降には食べないのがベストです。

通勤時間が長かったり残業が多いと夕食の時間は遅くなります。

長時間エネルギー補給が行われないと体は不足した栄養を取り戻そうと働くので体内で作られるコレステロールの量も増えます。

空腹状態が長く続くと胃腸の活動が活発になります。

朝食抜き、昼食軽め、夕食にボリュームたっぷりという食生活は要注意です。

夜はエネルギーの消費量も減るので太りやすくなります。

コレステロール値を下げたいなら夕食に揚げ物などを避けできるだけ軽めにすることです。

消化にかかる時間も考えて寝る3時間前には食事を終えていたいものです。夜9時以降には食べないのがベストです。


夕食がどうしても遅くなる時は夕方に早めの軽食を取ることをお勧めします。

最近のコンビニには野菜だけなど健康に配慮した商品も豊富にそろっています。

おにぎりやサンドイッチで脳に糖質を与えサラダや汁物でビタミンやタンパク質を補給するなど栄養のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

菓子パンやカップラーメンで空腹をなだめるのは禁物です。

帰宅後の夕食はいつも以上に軽くして主食は消化の良いものにしましょう。柔らかめにゆでたうどんやそばなどがお勧めです。

おかずも消化の良い低カロリーのものを少量だけ食べるようにします。

野菜や豆腐、ささみなどの具だくさんの味噌汁やスープなどもよいでしょう。

深夜のボリュームのある食事を辞めれば翌朝食欲がなくても朝食抜きの悪循環にはなりません。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食生活でコレステロール改善
過剰になったコレステロール中性脂肪を増やさないためには食生活を見直すことが大切です。

食事日記を付けてダイエット
食生活の改善で良い方法の一つとして食事日記があります。
炭酸飲料と内臓脂肪の関係
冷たいものを飲むと血管がちじまり血液の流れが悪くなります。

食品でコレステロール改善
お茶にはカテキンという渋み成分が含まれていて肥満の予防と解消に効果があります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。