健康第一 コレステロール情報食生活の改善>外食メニューの選び方

外食メニューの選び方

外食は麺やどんぶり物よりも定食がお勧めです。

ヘルシーな外食も増えましたが大部分の外食メニューは高エネルギーで脂肪や糖質も多いものです。

お昼は健康的な弁当を持参したいものですが難しい場合は外食のメニュー選びがポイントになります。

丼物や麺類などの単品メニューを辞めて定食を選ぶことです。

糖質の量が多く野菜がほとんど取れない単品メニューに比べて定食は主食、主菜、副菜がそろいます。

定食の場合もご飯やみそ汁は残す、揚げ物は控えるなど一工夫してエネルギーの摂取量を減らすようにしましょう。

一般的には養殖よりも和食のほうがエネルギーは低めになっています。


外食では少しでも野菜の多いメニューを選ぶようにします。

サラダがセットになっている場合ドレッシングやマヨネーズは別に添えてもらいましょう。

単品メニューには野菜の煮物や大根おろしなど副菜を付けるとか野菜の多い味噌汁やスープを別に頼むなどもう一品で野菜を補うようにしましょう。


外食が多くても1日の食事バランスをとることでコレステロール値を下げるのは可能です。

和食、洋食、中華など料理の種類が重ならないようにしましょう。3食和食はエネルギーを抑えやすいのですが塩分の取りすぎに注意します。

肉は少なめにし魚を食べましょう。

何をどれだけ食べたか意識するようになれば食生活は変えられます。


外食でコレステロールを下げるコツ
 ・野菜の多いメニューを選ぶ
 ・揚げ物の衣は残す
 ・ドレッシングやたれは別にする
 ・揚げ物は控える
 ・ご飯は残す
 ・麺類の汁は残す
 ・昼に肉を食べたら夜は魚にする
 ・肉は脂身を取り除き食べる
 ・牛や豚はもも肉、ヒレ肉を選ぶ
 ・鶏肉はささ身やむね肉を選ぶ
 ・鶏肉の皮は残す


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。