健康第一 コレステロール情報食生活の改善>間食は脂質と糖質に注意する

間食は脂質と糖質に注意する

間食に油脂や卵を使ったお菓子は避けるようにします。

疲労やストレスを和らげてくれる効果がある甘いもの。

砂糖などの糖質は消化吸収が早く体や脳のエネルギーとして利用されます。

間食は1日の量を決めるなどルールを決めて食べるようにしましょう。

高コレステロールのお菓子には要注意です。

洋菓子にはバターや卵、生クリームがたくさん使われています。しかも高カロリーです。

コレステロール値が高い人には大福や羊羹など和菓子のほうがよいでしょう。


コーヒーに入れる砂糖やミルクにも注意が必要です。

清涼飲料水やコーヒー、紅茶に入れる砂糖も1日の摂取エネルギーにカウントします。

飲み物はノンシュガーにするかお茶や水にしましょう。

コーヒーはブラックで飲むか入れるなら低脂肪乳か豆乳にしましょう。コーヒー用にクリームには牛乳よりもコレステロール値が多いので避けます。


中性脂肪が高い人は糖質の多いものも控えるようにしましょう。

中性脂肪はコレステロールよりも食生活の影響を受けやすいものです。

エネルギーとして使われなかった糖質は脂肪に代わります。中性脂肪の高い人は洋菓子はもちろん和菓子や果物も控えるほうがよいでしょう。

お菓子の買い置きはやめ、こぶくろを選ぶなど食べ過ぎを防ぎます。


食後のデザートに甘いものを食べると1食の摂取エネルギー量が増えるので体の中でのコレステロール合成が促進されます。

甘いものはおやつの時間に少量が上手な取り方です。


コレステロールを多く含むお菓子
 ・ショートケーキ
 ・プリン
 ・シュークリーム
 ・ワッフル
 ・マドレーヌ
 ・タルト
 ・クリームパン
 ・カステラ
 ・そばボーロ
 ・どら焼き


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。