健康第一 コレステロール情報食生活の改善>お酒は適量を飲むようにする

お酒は適量を飲むようにする

お酒の飲みすぎには注意しましょう。

昔から酒は百薬の長と言われてきました。実際適量のお酒は心筋梗塞や狭心症などのリスクを下げて善玉HDLコレステロールを増やす働きがあります。

これはお酒を適量飲んだ場合で、大量飲酒は肝臓に負担をかけ脳卒中など様々な病気につながります。

アルコールは高エネルギーのため飲みすぎると中性脂肪やコレステロール値が上昇します。

飲みすぎないためにはお酒の買い置きをしないことです。

飲む時間も考えましょう。食前よりも食後のほうが少量で満足できます。

眠れない時の飲酒は厳禁です。お酒の量が増える恐れがあります。

1日の適量を守ったうえで週に数日の休肝日を作りましょう。


宴会の前には軽く食事をしていきます。おつまみを食べながら飲むことでお酒の量はセーブできます。

おつまみには高コレステロールの食品が多いので選ぶときは気を付けるようにしましょう。


飲んだ後の占めのラーメンやそばはあきらめること。

占めのデザートも別腹ではありません。

余計なエネルギーをとらないように気を付けて適度のお酒を楽しみましょう。


お酒のおつまみ
 野菜料理でビタミンを補給します。
 海藻の食物繊維でコレステロールを抑制。
 ナッツの不飽和脂肪酸でコレステロール値を下げます。
 タウリンで肝臓を守ります。
 ネバネバ系の食品でコレステロールを吸収します。

アルコールの1日のめやす
 ・ビール中ビン1本
 ・日本酒1合
 ・ワイングラス2杯
 ・ウイスキーダブル1杯
 ・焼酎グラス1杯





食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
タバコとコレステロール
タバコの煙は肺がんや喉頭がんの原因の一つとして知られていますが動脈硬化を促進させ血管にも大きなダメージを与えます。

水で血液サラサラ
人間の体の60%は水分で血液も50%水分でできています。汗をたくさん書いた時や冷えて利尿作用が強くなった時など体の中の水分が不足しがちになります。
早寝早起きの習慣
1日8時間程度の睡眠が健康に良いといわれていますが十分な睡眠がとれないと疲労が回復せず正常な新陳代謝が行われにくくなります。

ストレスと脂質異常
ストレスがたまってくるとコレステロールも上がる傾向にあります。ストレスがたまりすぎると体にいろいろな健康被害をもたらします。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。