健康第一 コレステロール情報コレステロールを下げる食材選び>コレステロール値を下げるために

コレステロール値を下げるために

コレステロール値を上げる食品をとりすぎない。

コレステロールを多く含む食品、コレステロール値を上げる食品の食べ過ぎは注意しなければいけませんが、全く食べないと栄養のバランスを欠いてしまいます。

コレステロールそのものも体にとっては不可欠な成分であり適度に食べることは大切です。

コレステロールの多い食品、増やす食品をしり程よく食べるようにしましょう。


体の中のコレステロールを出します。

食物繊維は体内に増えてしまったコレステロールを体の外に排出しコレステロール値を下げる働きがあります。

日本動脈硬化学会がコレステロール値の高い人への目標値としている食物繊維の量は基準値よりも25グラム多くなっています。

食物繊維は毎日努力して食べないと不足してしまいますので意識して食べるようにしましょう。


悪玉LDLコレステロールを参加させない。

悪玉LDLコレステロールは増えすぎると血管壁に入り込んで酸化され動脈硬化を促進させるからです。

悪玉LDLコレステロールの酸化が阻止できれば動脈硬化の促進を阻止することができます。

悪玉LDLコレステロールの阻止に利用したいのが抗酸化作用を持つビタミンや色素成分、ポリフェノール類です。

活性酸素の発生を抑える、消去する、悪玉LDLコレステロールの酸化を防ぐなどいろいろな働きで血管を守ってくれます。


体の中でコレステロールを増やさない。

体内のコレステロールを増やさないために働いてくれる食品は積極的に食べるようにしましょう。

コレステロールが体の中に吸収されるのを抑える大豆たんぱくや植物ステロールを含む大豆製品、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らして血液をサラサラにするIPA、DHAを多く含む魚介類で鵜。





コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
 ・コレステロール値を上げる食品
 ・お肉の調理方法
 ・お肉の上手な選び方
 ・ハンバーグの作り方
 ・卵とコレステロール
 ・乳製品とコレステロール
 ・中性脂肪と糖質
 ・食物繊維でコレステロール予防
 ・抗酸化物質とコレステロール
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール
 ・大豆のたんぱく質
 ・魚の脂肪、IPAとDHA
 ・脂質とコレステロール

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
毎日の食生活を見直してみる
コレステロール値が上がる理由は毎日の食生活にあります。

食べ過ぎない知識を覚える
いつもお腹いっぱいになるまで食べたのではエネルギーの取りすぎになります。
ストレスと中性脂肪の関係
ストレスも一時的なものなら問題はないのですが、長い期間に渡りストレスを感じていると健康面で大きなダメージを受けてしまいます。

リラックスでストレス解消
ストレスが長くなると中性脂肪が増えることがあります。中性脂肪が増える状態が長く続くと悪玉LDLコレステロールが増えて善玉HDLコレステロールが減っていきます。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。