健康第一 コレステロール情報コレステロールを下げる食材選び>乳製品とコレステロール

乳製品とコレステロール

牛乳や乳製品には毎日の生活で不足しやすいカルシウムが吸収しやすい形で含まれ骨粗鬆症や血圧の安定に欠かせない食品です。

免疫力を高めるとして注目されているラクトフェリンなども豊富に含まれています。

牛乳を毎日飲む習慣のある人は長寿の人が多く、生命維持にも重要な食品であることがわかります。

牛乳に含まれるタンパクの一種であるカゼインにはコレステロールを増やしやすい作用があります。

飽和脂肪酸も取りすぎるとコレステロールや中性脂肪を増やす作用があります。


牛乳は1日200ミリリットルが目安です。

牛乳の飲みすぎには注意が必要ですが牛乳の持つ働きを考えると毎日飲みたい食品です。

牛乳は料理やデザートで乳製品を使う場合には取りすぎにならないように気を付けましょう。脂質異常の程度が重い人や肥満解消が求められている人は低脂肪や無脂肪の牛乳を利用しましょう。

牛乳に含まれる乳酸菌にはコレステロールを排出する作用もあります。

ヨーグルトは牛乳と同じ栄養分を持っているので牛乳に弱い人にお勧めです。

ヨーグルトの乳酸菌が腸内の環境をよくし腸内のコレステロールを排出してくれます。胆汁酸を分解し血液中のコレステロールを減らす働きもあります。

チーズも乳酸菌食品ですがエネルギーが高く塩分やコレステロールが多く含まれているので食べ過ぎに注意が必要です。

品目 目安量 Kcal 脂質
【グラム】
コレステロール
【ミリグラム】
牛乳
濃厚乳
低脂肪乳
脱脂乳
スキムミルク
生クリーム
プレーンヨーグルト
脱脂加糖ヨーグルト
プロセスチーズ
カッティングチーズ
カマンベールチーズ
クリームチーズ
ブルーチーズ
アイスクリーム
150ml
150ml
150ml
150ml
16g
14g
150g
150g
20g
20g
20g
20g
20g
80g
104
114
72
51
57
61
93
101
68
21
62
69
70
170
5.9
6.6
1.6
0.2
0.2
6.3
4.5
0.3
5.2
0.9
4.9
6.6
5.8
9.6
19
25
9
5
4
17
18
6
16
4
17
20
18
26


乳製品の食べ方のポイント

牛乳
牛乳は脂肪分が少ないものを選ぶと飽和脂肪酸の取りすぎが抑えられます。
悪玉LDLコレステロール値が下がらない人は無脂肪乳やスキムミルクを選ぶようにしましょう。

ヨーグルト
ヨーグルトは糖分を加えていないプレーンヨーグルトを選び砂糖などを加えずに食べましょう。
悪玉LDLコレステロール値が下がりにくい人は低脂肪、無脂肪のプレーンヨーグルトを食べましょう。

チーズ
カッティングチーズを選ぶように心がけましょう。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
 ・コレステロール値を上げる食品
 ・お肉の調理方法
 ・お肉の上手な選び方
 ・ハンバーグの作り方
 ・卵とコレステロール
 ・乳製品とコレステロール
 ・中性脂肪と糖質
 ・食物繊維でコレステロール予防
 ・抗酸化物質とコレステロール
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール
 ・大豆のたんぱく質
 ・魚の脂肪、IPAとDHA
 ・脂質とコレステロール
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。