健康第一 コレステロール情報コレステロールを下げる食材選び>食物繊維でコレステロール予防

食物繊維でコレステロール予防

食物繊維はコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

食物繊維は炭水化物の一種ですが人間の消化酵素では消化できずにエネルギー源にはなりません。

消化されずに消化器官を通過する間に健康にかかすことができないいろいろな働きをしてくれます。その一つがコレステロール値を下げる働きです。

食べ物は胃と十二指腸で消化され小腸で吸収されますが食物繊維の多い食事をすると食べ物が小腸をゆっくりと移動することになります。

その間に食物繊維は食事から摂取したコレステロールや中性脂肪、糖質などを包み込み体内に吸収させずに追い出してくれます。

脂肪の吸収を助ける胆汁酸も包み込んで排出してくれます。胆汁酸はコレステロールを材料に肝臓で作られ脂肪の消化吸収を助けていますが食物繊維によって体の外に排出されると肝臓では血液中のコレステロールを材料に新しく胆汁酸を作らなければいけません。

結果として体の中のコレステロールが減ることになります。


水溶性の食物繊維も、不溶性の食物繊維もコレステロール低下に役に立ちます。

食物繊維には水に溶ける水溶性の食物繊維と水に溶けない不溶性の食物繊維があります。

果物や階層に多く含まれる水溶性の食物繊維は水分に溶けてどろどろのゼリー状になりコレステロールや胆汁酸を吸着して排出する作用があります。

不溶性の食物繊維は穀物やイモ、野菜、キノコ類に多く含まれ水を吸い込んでかさが増え、便の量を増やします。

腸を刺激することで蠕動運動を【ぜんどううんどう】促し便通をよくします。

コレステロールや胆汁酸、発がん物質などの有害物質を長時間ため込むことなく速やかに排出し腸内環境をよくします。

水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、どちらもコレステロールを下げるのに役に立ちます。


口でよく噛むので食べ過ぎ防止につながります。
食物繊維の多い食品は紙応えのあるものが多くゆっくりよく噛んで食べるので満足感が得られ適正な食事の量で満腹感が得られます。

胆汁酸が排出され不足するので肝臓でコレステロールを原料に胆汁酸を作ります。
十二指腸に分泌された胆汁酸は脂肪の吸収を助け小腸から吸収されて肝臓に戻りますが水溶性の食物繊維により体の外に排出されます。胆汁酸が足りなくなるため血液中のコレステロールを材料に新たに胆汁酸を肝臓で作ります。その結果血液中のコレステロールが少なくなります。

胃に長くとどまり満腹感が持続します。
食物繊維は胃液でも消化されないので食べ物が長くいに留まり満足感が長くなります。結果食べ過ぎの防止につながります。

小腸でコレステロールや胆汁酸の吸収を防げる。
水溶性の食物繊維はコレステロールや胆汁酸などを吸着しながらゆっくりと大腸に移動します。コレステロールや胆汁酸が小腸で吸収されるのを防いでくれます。

大腸でコレステロールや有害物質を素早く体の外に出してくれます。
不溶性の食物繊維は水分を吸って膨らみながら腸内を移動し腸を刺激しながら便意を促します。便を柔らかくして腸内を早く通過させていきます。これにより善玉のビフィズス菌が増えて腸内の環境がよくなります。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
 ・コレステロール値を上げる食品
 ・お肉の調理方法
 ・お肉の上手な選び方
 ・ハンバーグの作り方
 ・卵とコレステロール
 ・乳製品とコレステロール
 ・中性脂肪と糖質
 ・食物繊維でコレステロール予防
 ・抗酸化物質とコレステロール
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール
 ・大豆のたんぱく質
 ・魚の脂肪、IPAとDHA
 ・脂質とコレステロール
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。