健康第一 コレステロール情報コレステロールを下げる食材選び>ポリフェノールと抗酸化作用

ポリフェノールと抗酸化作用

ポリフェノールは植物が持つ色素で苦みやえぐみなどに含まれる抗酸化物質です。

危険から自分の足で逃げることができない植物は紫外線や病原菌、昆虫などの外敵から身を守る成分を備えています。

ほとんどの植物がポリフェノールを持ち強い抗酸化作用で体内に発生した活性酸素を無毒化して酸化を防止します。

ポリフェノールは摂取後短時間で効果を得られます。が効果は持続しません。

毎食野菜を食べることが重要です。


そばに含まれるルチンは毛細血管を強くし血圧を下げる、血糖値を下げるなどの効果があり動脈効果の予防が期待できます。

そばのたんぱく質には消化されにくいタイプで腸管内のコレステロールや糖と結びついて排出する作用があります。

ルチンはビタミンCと一緒にとると毛細血管の強化作用が強くなります。ねぎをトッピングして野菜料理を副菜に添えるとよいでしょう。


ゴマに含まれるポリフェノールは強い抗酸化力を持つリグナンです。セサミン、セサミノールなどはその一つです。

血液中のコレステロール値や血圧を下げて肝機能の強化、乳がんの抑制などの作用が知られています。

ビタミンEも含んでいるので強い抗酸化作用が期待できます。

悪玉LDLコレステロールを減らすリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸も多く含んでいます。


食品に香りや味、色を付けるため、保存のため、薬として使われてきたスパイス類です。

スパイスのローズマリーやオールスパイス、ナツメグ、シナモンなどは強い抗酸化作用があります。スパイスの抗酸化作用をを生かす端には新鮮なものを使いましょう。

コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
 ・コレステロール値を上げる食品





 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
運動量の目安
運動の量には個人差があります。中性脂肪を減らす運動は肩で息をする様なハードな動きは必要ありません。

不規則な食事習慣と肥満
食事の時間がいつも不規則で長時間食べないことがあると体は食事【エネルギー】がいつ入ってくるかわからない食事に対してエネルギーをできるだけ吸収していざというときに備えようとします。
魚の脂肪、IPAとDHA
魚介類の脂肪にはIPAとDHAが多く含まれています。

脂質とコレステロール
脂質は1グラムで9キロカロリーのエネルギーを生みだします。不足すると低体温になったり油溶性のビタミンの吸収が上手にいかなくなったりします。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。