健康第一 コレステロール情報コレステロールを下げる食材選び>大豆たんぱく質

大豆たんぱく質

大豆たんぱく質はコレステロールを下げる働きがあります。

大豆に含まれるたんぱく質にはコレステロール値が高い人の総コレステロール値と悪玉LDLコレステロール値の両方を下げる働きがあります。

正常値の人の総コレステロール値は下げずに悪玉LDLコレステロール値と善玉HDLコレステロール値のバランスをよくしてくれます。

コレステロールを多く含む食品と一緒に食べるとコレステロール値の上昇を抑える働きがあります。

大豆たんぱく質の働きは、食事からとったコレステロールと結びついて体の外に排出されるというものです。

大豆は必須うアミノ酸をバランスよく含みタンパク質減として非常に優れています。

豆類の中では脂質が多いのですがコレステロールを全く含まないので安心して食べることができます。大豆だけでなく豆腐や納豆などの大豆製品にも同様の効用があります。

コレステロール値の高い人はいいことばかりです。


大豆のコレステロールを下げる成分

植物性ステロール
コレステロールに似た構造を持つのでコレステロールの代わりに胆汁酸の中の小粒子に取り込まれます。取り込まれなかったコレステロールも、植物ステロールも体の外に排出されるので血液中のコレステロール減少になります。

大豆イソフラボン
ポリフェノールの一種で悪玉LDLコレステロールや中性脂肪を減らし善玉LDLコレステロールを増やす働きがあります。

大豆サポニン
大豆の渋み成分でポリフェノールの一つです。活性酸素によるコレステロールの酸化を抑え過酸化脂質の生成を抑制します。糖質が中性脂肪に変化するのを抑えコレステロール値を下げます。肥満の改善にも効果があります。

レシチン
リン脂質と呼ばれる脂質の一種です。水と油を混じりやすくする作用があり血管壁にコレステロールが付着するのを防ぎ動脈硬化の進行を抑えます。脂質の代謝をよくするので肥満の予防効果も期待できます。

リノール酸
大豆に含まれる脂質の半分は不飽和脂肪酸のリノール酸が占めています。リノール酸は取りすぎると逆効果になりますが血液中の悪玉LDLコレステロールを減らして善玉HDLコレステロールを減らさない働きがあります。

食物繊維
食物繊維は腸内でコレステロールや中性脂肪の吸収を防げ胆汁酸を包み込み便と一緒に体の外に排出します。粒のままの大豆や納豆、おから、きなこなどの大豆製品は食物繊維を多く含みます。


大豆たんぱく質
大豆 目安量
【グラム】
カロリー
【Kcal】
タンパク質
【グラム】
大豆
大豆水煮
きなこ
木綿豆腐
絹ごし豆腐
厚揚げ
油揚げ
がんもどき
高野豆腐
納豆
おから
豆乳
ゆば
20
40
6
100
100
50
25
30
20
50
50
210
25
83
56
26
72
56
75
97
68
106
100
56
97
58
7.1
5.2
2.1
6.6
4.9
5.4
4.7
4.6
9.9
8.3
3.1
7.6
5.5



 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
 ・コレステロール値を上げる食品
 ・お肉の調理方法
 ・お肉の上手な選び方
 ・ハンバーグの作り方
 ・卵とコレステロール
 ・乳製品とコレステロール
 ・中性脂肪と糖質
 ・食物繊維でコレステロール予防
 ・抗酸化物質とコレステロール
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール
 ・大豆のたんぱく質
 ・魚の脂肪、IPAとDHA
 ・脂質とコレステロール
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。