健康第一 コレステロール情報運動習慣とコレステロール>運動でコレステロール改善

運動でコレステロール改善

運動不足になると肥満や高コレステロールが進行していきます。

食事によるエネルギーの摂取量に比べて運動によるエネルギーの消費が少ないと余ったエネルギーが体に蓄積され肥満や脂質異常症など生活習慣病の要因になります。

食事エネルギー > 運動量 = 肥満になる

今は生活環境がよいので知らない間に運動不足になりがちです。コレステロール値が高い人は忙しさや疲れていることから運動とは無縁の生活を送っているかもしれません。

普段から意識して体を動かす習慣を身に着けることが大切です。


運動を習慣にしてコレステロール値を改善しましょう。

コレステロール値を改善するには食生活の見直しと同時に運動を継続して行うことが大切です。

悪玉LDLコレステロールを減らす作用はありませんが中性脂肪を分解する酸素が活性化するので中性脂肪地が下がり善玉HDLコレステロールが増加します。

動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防や治療には大変有効です。

運動には心肺機能を高めて血行を良くする、ストレスを解消する、骨密度を高めるなどいろいろなメリットがあります。

運動を行うには厳しいトレーニングも本格的なスポーツを行うことはありません。激しい運動をいきなり行うことは不可能です。

いきなり激しい運動を行うことは筋肉を傷めたり体に疲労物質がたまったりするのでかえって健康によくありません。

コレステロール値の改善には軽く汗をかく程度の運動が効果的です。

ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動がよいでしょう。


運動の効果
エネルギーを消費し体脂肪が減り肥満を改善し、動脈硬化予防につながります。

脂質代謝がよくなり中性脂肪が減り、善玉HDLコレステロールが増加し動脈硬化予防になります。

血行が促進され高血圧、高血糖の改善、冷え性の改善、肩こりの改善につながります。

体力が向上し、慢性的な疲労感やだるさの改善につながり病気にかかりにくくなります。

ストレスの解消になります。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。