健康第一 コレステロール情報運動習慣とコレステロール>運動は自分のペースで無理なく

運動は自分のペースで無理なく

運動の習慣がない人がいきなり激しい運動を行ったり、疲れるほど長時間にわたり運動お行うのは避けましょう。

筋肉がつる、ひざや腰を痛めるなど健康に良いどころか体調を崩してしまいます。

コレステロール値に問題があり、動脈硬化が進行している場合はいきなり運動を行ったことで血管が収縮して血栓ができ血管を詰まらせる危険がないとも言えません。

無理をせずに自分のペースで運動を行うようにしましょう。

運動は体調や天候に注意して安全に行うのが第一です。

運動の前には必ずストレッチや準備運動を行いウォーミングアップをして行います。いつもよりも疲れを感じたらペースダウンして体調の不良を感じたら運動を中止します。

寝不足の時や血圧が高めの時も同様です。休むことも大事です。

運動は継続的に行うことで効果が出ます。運動が苦手な人にとって長く行うのは難しいものです。

体重や体脂肪が減る、コレステロール値が下がるとなればやる気もわいてきますが効果が表れるまでに時間がかかるのでその前に挫折する人も少なくありません。

運動を長く続けるには楽しみを見つけることです。無理のない目標を見つけて頑張りましょう。


運動を行う時に注意したいこと

元気な時だけ運動する
睡眠不足、二日酔い、疲労感がある、だるい、頭痛がする、めまいがする、血圧が高い、このような時は運動を中止しましょう。

早朝の運動は避ける
起きてすぐ運動を行うと血圧が急上昇します。起きてから1時間以降にしましょう。

空腹のときは運動を避ける
空腹時は血糖値が低くなっているので運動により血液中の糖質がなくなりめまいがして動けなくなることもあります。

食事後の運動は避ける
消化が落ち着き血糖値が安定する食後1時間以降に行うようにしましょう。

運動の強さは徐々に上げる
運動不足の人が急に運動すると事故の発生リスクが高いので準備運動を行うなどして徐々に活動レベルを上げていきます。

暑い日は十分に水分をとる
脱水症状を防ぐためにこまめに水分をとります。

暑い日、寒い日の運動に注意する
天候が悪い日は室内で運動を行うようにしましょう。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記


下半身強化で太らない体を作る
体を鍛える時に特に注意して鍛えていきたいのが下半身の筋肉です。特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど全身の血液循環にかかわりがあり心臓の働きを助けています。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。