健康第一 コレステロール情報運動習慣とコレステロール>簡単筋トレで運動効率UP

簡単筋トレで運動効率UP

筋肉が鍛えられると代謝が高くなり体力も向上します。

コレステロール値改善のためには有酸素運動を中心に行いますがこれに筋肉トレーニングをプラスすると運動の効果が高くなります。

筋肉が発達すると基礎代謝が高くなり脂肪が燃えやすい体になるので高コレステロールの人に多く見られる肥満の解消にもつながります。

免疫力や体力が向上するメリットもあります。

筋トレを行うことで柔軟性も増すので運動中のけが防止にも役に立ちます。簡単な筋トレを取り入れてみましょう。


筋トレはハードなイメージがありますが自分の体重を利用して行う簡単筋トレが有効です。

腕の筋肉を鍛えるには腕立て伏せ、足の筋肉はスクワット、スクワットは特にももの裏側にききます。

筋トレを行う時は呼吸は止めずに反動もつけず筋肉を意識しながらゆっくりと行うようにしましょう。

筋トレは数日に一回を目標に始めましょう。1日に行う回数は30回程度を数セットが目安ですが無理せず行うことが大切です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。