健康第一 コレステロール情報運動習慣とコレステロール>運動前トストレッチ

運動前トストレッチ

運動を怪我なく行うためには運動前後のストレッチが大切です。運動前に行うウォーミングアップは筋肉を温めて冠絶をほぐすことにより運動中に足をくじいたり肉離れを起こすなどの危険をなくしてくれます。

ウォーミングアップを行うことで血流がよくなるので運動による急激な血圧の上昇も防ぐことができます。

運動後にはクールダウンをしっかりと行いましょう。

緊張した筋肉をゆっくりとのばせば運動中にたまった乳酸を取り除くことができ翌日に疲れが残りにくくなります。

ストレッチは運動の前後だけでなく日常的にも行いましょう。

ウォーキングやジョギングに行く時間が取れなくてもストレッチなら短時間ででき肩こりの改善や腰痛予防、寝る前に行えば安眠効果もあります。

体をほぐすことで血流がよくなるとコレステロール値の安定にもつながります。

朝起きた時や夜寝る前など少しの時間でストレッチを習慣にしましょう。


ストレッチを行う時は自然呼吸を続けることが大切です。

呼吸を止めると筋肉に酸素がいきわたらないので効果的なストレッチができません。

反動で行うと筋肉を傷めることもあります。

筋肉を意識しながらゆっくりとのばしていき痛いと感じる手前で動作を辞めます。気持ちがよいと感じる強度で行います。

一つの動作を20秒ほどで行うのが一般的ですが体の硬い人は10秒行い少し休みを繰り返しましょう。

体が柔らかくなると全身の血流、リンパの流れが良くなります。そのため、疲労の回復は早まる、治癒能力が向上する、怪我の予防のほか、肉体的、精神的な緊張が解消されるため、リラックスするとともに、気分も爽快になります。また、ハリのある筋肉を保つことが老化防止にもつながります。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。