健康第一 コレステロール情報生活習慣の改善>水で血液サラサラ

水で血液サラサラ

脂質異常症の人の水分不足は心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。

人間の体の60%は水分で血液も50%水分でできています。汗をたくさん書いた時や冷えて利尿作用が強くなった時など体の中の水分が不足しがちになります。

体内の水分が不足して脱水症状になると血液中の水分も不足して血液が濃縮され循環不全を起こすことがあります。

コレステロール値が高めの人は血液の流れが悪いことが多く血栓ができやすいので心筋梗塞や脳梗塞の心配もあります。

脳梗塞の発症時は夜間から早朝にかけてが最も多く就寝時に脱水傾向になることが関係あるといわれています。

のどの渇きは脱水症状が進んでいる証拠です。渇きを感じる前の水分補給を習慣にしましょう。


1日に飲む水分と排泄される水分は健康維持のためにバランスがとれていなくてはいけません。

補給する水分は食事、飲み水、タンパク質や炭水化物などの代謝により体で作られる水に分かれます。飲み水は1.2リットルほど取ることが理想と言われています。

砂糖を多く含むものは吸収までに時間がかかり、カフェインを多く含むものは尿の量を増やし体内の水分を排泄するので水分補給にはあまり適していません。水分補給は水が一番です。

大量の水を一気に飲むと胃に負担をかけるので1回200mlほどを数回に分けてこまめに水分補給しましょう。

こまめな水分補給で新陳代謝が活発になり血液の濃縮を防げます。


上手な水分補給
 ・1日1.2リットル
 ・1回コップ一杯の水
 ・一口ずつゆっくりと飲む
 ・冷たくせずに常温程度で飲む


水分補給のポイント

起床時
睡眠時に濃縮された血液を素早く正常な状態に戻すために起きたらコップ一杯の水を飲みましょう。

食事前
胃腸の働きを整え満腹中枢を刺激しやすくするので華燭の予防につながります。

入浴時
入浴の前後にのみ汗をかいて不足する水分を補い血液の濃縮を防ぎます。

就寝前
睡眠時は水分補給できずに血液濃度が高くなりやすいのでコップ一杯の水を飲んで寝るようにしましょう。

運動時
汗や呼吸により急速に水分が失われるので運動の前後と運動中に必ず水分補給しましょう。長時間の運動を行う時は糖分とミネラルを含んだものを飲みます。

飲酒時
アルコールは強い利尿作用を持つので脱水傾向になります。アルコールと同量の水を飲むようにします。

暑い日
汗や呼吸から失われる水分が多いのでこまめな水分補給が大切です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
1本にBCAA4000mg+電解質含有 エコボトルを採用。クリアな味わいになりました。すっきり飲みやすいシトラス風味です。

アミノバリュー 4000 500ml 24本×2ケース (48本)
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。