健康第一 コレステロール情報生活習慣の改善>早寝早起きの習慣

早寝早起きの習慣

1日8時間程度の睡眠が健康に良いといわれていますが十分な睡眠がとれないと疲労が回復せず正常な新陳代謝が行われにくくなります。

正常な新陳代謝が行われない結果脂質異常症や高血糖になる確率も高くなります。

コレステロール値が高い人は早寝早起きを行い十分な睡眠で疲労を回復し損珍代謝をよくしましょう。

起床のリズムを一定にすることで睡眠のリズムが整えられます。

睡眠時間の確保が難しい場合は睡眠のリズムを整えて質の良い睡眠を得るようにしましょう。

心身の疲労も回復しやすくなります。

反対に就寝と起床の時間が毎日異なる生活をしていると体内時計が狂い自律神経やホルモンのバランスも崩れて不眠症や体調不良を招く恐れがあります。

睡眠のリズムを整える早道は早く寝るよりも毎朝同じ時間に起きることです。

朝日を浴びて体内時計をリセットする、決まった時間に朝食を食べる、昼間はできるだけ体を動かすことが有効です。


コレステロール値が高くて肥満気味の人は睡眠時無呼吸症候群に注意しましょう。睡眠中に大きないびきと一時的な呼吸停止を繰り返すものであごや首の周りについた脂肪により狭められた軌道がしたなどでふさがれるためにおこります。

睡眠時無呼吸症候群では低酸素状態になるので心臓や血管に負担がかかり動脈硬化を促進させていきます。十分に寝ても寝たりない、昼間眠たくなる、体がだるい状態が続くような場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

肥満を解消すると同時に軌道がふさがりにくい横向きに寝るとよいでしょう。睡眠外来の受診もおすすめです。


ぐっすり眠るためにお風呂でリラックス
ストレス解消に最適な入浴です。好みのエッセンシャルオイルを使うことで気のちもリラックスすることができ体も温まるので気持ちよく眠りにつくことができます。





しなやかな寝心地の「エアウィーヴ」は、トップアスリートから著名人まで広く愛用されています。
・ANA国際線ファーストクラスに採用
・サッカー南アフリカ大会にて日本代表選手が持参
・バンクーバー・ロンドンオリンピックで日本代表選手130名以上がエアウィーヴを現地へ持参しました
airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
朝食をしっかり食べる
忙しいと食事の時間も回数も不規則になりがちですが食事は1日3回決まった時間に食べることが重要です。

夕食が遅くなる時はカロリーに注意
長時間エネルギー補給が行われないと体は不足した栄養を取り戻そうと働くので体内で作られるコレステロールの量も増えます。
早起きのコツ
 ・疲れをためない
 ・ストレスをためない
 ・起きる時間を決める
 ・早起きの目的を作る
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。