健康第一 コレステロール情報生活習慣の改善>ストレスと脂質異常

ストレスと脂質異常

ストレスがたまってくるとコレステロールも上がる傾向にあります。

ストレスがたまりすぎると体にいろいろな健康被害をもたらします。

コレステロール値への影響もその一つになります。

過度のストレスは自律神経のバランスを崩してホルモンの分泌に異常をきたします。その結果血管が収縮し血圧が上がったり中性脂肪地やコレステロール値が上がったりします。

血液中に活性酸素が発生し酸化LDLコレステロールを増やすこともあります。

ストレスによる暴飲暴食は高コレステロール血症や肥満を招くことにもつながり動脈硬化が進行することになります。

高コレステロール血症をはじめ、脂質異常の改善にはストレスを解消することも大切です。

ストレスの原因は環境や人間関係など簡単に変えることができないことが多いのも事実です。

自分なりの気分転換を持つなどストレス解消の方法を見つけておくことが大切です。


ストレス解消のアイディア

リラックスする
リラックスはストレス解消でこわばった体の緊張を解きほぐした状態です。自分なりのリラックス方法を見つけることが重要です。タバコ、カフェイン、アルコールは要注意です。

体を動かす
軽い運動はコレステロールの低下にもよい影響があります。激しい運動は疲労やストレスがたまる恐れがあります。

人と話す
人に話を聞いてもらうとすっきりストレス軽減になります。話し相手を探すとよいでしょう。

好きなことに没頭する
ストレスの原因を忘れるほど好きなことを見つけて上手に気分転換しましょう。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。