健康第一 コレステロール情報生活習慣の改善>お風呂でリラックス

お風呂でリラックス

お風呂には静圧力、浮力、温熱の健康に良い効果があります。

静圧力は浴槽の中で体にかかる水圧で腹部やふくらはぎが数センチ細くなるほど体が圧迫されます。お風呂から上がると水圧がなくなり一気に血液が流れて血行が良くなります。

浮力の効果は水中では体重が軽くなり筋肉の緊張がほぐれて心身へのリラックス効果が得られます。

温熱は体を温めて代謝をよくすることです。真相や血管に負担のかからないぬるめのお湯につかれば副交感神経が働いてリラックスでき心地よい眠りが得られます。

心身の疲労回復、ストレス解消にもなります。


方までつかる全身浴は静水圧の影響で心臓が圧迫されるので高コレステロールの人は心臓よりも下の胸の位置までつかる半身浴にしましょう。

置いうの温度はぬるめの40度前後が適温です。

長湯も心臓に負担をかけるのでよくありません。

浴槽につかっている時間は10分程度にして全体の入浴時間も20分ぐらいにしましょう。


入浴時に心臓や血管に負担をかけないためにも水分補給と温度管理を行うことが大切です。汗をかくと血液粘土が高くなるのでそれを防ぐためにも入浴の前後には水分補給しましょう。入浴中でも水分補給が大切です。

温度管理は都区部冬場が大切です。

暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室に移動すると急激な温度差により血圧が上昇してしまいます。

脱衣所に暖房を入れる、浴室は事前に暖めておくなど温度差を少なくする工夫をしておきましょう。


入浴中のストレッチでリラックス

背中と腰のストレッチ
浴槽に腰を下ろして両手で膝を抱えます。温かいから気持ちよく伸びて疲れがほぐれやすくなります。腰痛の防止にも最適です。

背中と脇のストレッチ
浴槽に腰を下ろして両膝を立てて両腕を伸ばし浴槽のふちをつかみます。体を後ろに引くと肩から背中にかけて気持ち良く伸びます。

足のストレッチ
足の指と指の間に手の指を入れてつかみ、足首を回します。足首の血行促進に役立ちます。

足の指を一本ずつまわします。長く歩いて疲れた時には念入りに行うことで末端の血流がよくなります。


 ・お風呂で健康管理
 ・お風呂の健康効果
 ・半身浴で水太り解消


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。