健康第一 コレステロール情報>動脈硬化が進むとどうなるのか?

動脈硬化が進むとどうなるのか?

動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。

動脈硬化が進むと血管壁がコブ状に盛り上がりそれが破裂して血栓を作り塞ぐことがあります。

コレが心臓の冠動脈で起こるのが心筋梗塞、脳の動脈で起こるのが脳梗塞です。

心筋梗塞も脳梗塞も死に至る病機で運よく命を取り留めても思い後遺症が残る恐れがあります。

心臓の筋肉が酸欠状態になり起こる狭心症や血管壁が破けて起こる脳出血、足の指までの血流が滞って壊死する閉塞性動脈硬化症などの病気のリスクが高くなります。

日本人の死因の1位は癌、2位は心疾患、3位は脳血管疾患と動脈硬化に関係する疾患があるので重要性がわかると思います。


動脈硬化の自覚症状はなかなか現れません。

血管の内腔がどれくらい狭くなると症状が現れるのでしょうか。狭心症の発作は肩、胸の中央部に痛みが走りますが10分程度で痛みは収まります。このような発作が起こるときは内腔が75%ぐらい以上狭くなる頃です。

心筋梗塞の場合は内腔が半分ぐらいの狭さでも突然発作に襲われることがあります。


自覚症状がないけれど血管が動脈硬化という危険な状態になっていることを知らせてくれるのが悪玉LDLコレステロールの数値です。

動脈硬化の最大の危険因子といっ絵も良いでしょう。

他には高血圧、糖尿病、喫煙、運動不足などが動脈硬化の危険因子です。





動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
体重が増えただけでは肥満とはいえない
体重が増えたことを肥満と思いがちですが、体重が増えただけでは肥満とは言いません。肥満とは体の脂肪の割合が増えた状態を言います。

スポーツジムを使わない筋肉トレーニング
週に数回スポーツジムに通って筋肉トレーニングを持続できれば効果が期待できます。しかし特別な時間を作り筋肉トレーニングを行おうとしても持続できないと思います。
 ・コレステロールは必要なものです
 ・ウォーキングで運動習慣
 ・悪玉コレステロールと缶コーヒー
 ・代謝が上がればダイエットになります
 ・基礎代謝と運動
 ・有酸素運動
 ・コレステロールを下げる方法
 ・コレステロールを下げる食事
 ・コレステロールを下げる運動
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。