健康第一 コレステロール情報動脈硬化情報>動脈硬化の種類

動脈硬化の種類

動脈が老化した状態が動脈硬化です。体中のいろいろな場所で起こる可能性があります。

動脈硬化は動脈が固くなり弾力が失われた状態のことです。イメージは古いゴムホースで内側に汚れがたまり硬くなりひび割れた状態です。

動脈硬化になると血管の壁にコレステロールがたまり血管が狭くなっていきます。

血液に接する内膜の表面が崩れ血栓ができて血管が詰まってきます。血管事態がこぶのように膨らみ破れることもあります。

その結果重大な後遺症を残したり時には命にかかわるので動脈硬化の予防が大事になります。


動脈硬化には3つのタイプがあり血管の太さによりできやすいタイプが異なります。

脳や心臓など比較的太い場所で起こりやすいのがアテローム性動脈硬化でコレステロールとのかかわりが強い動脈硬化です。

内幕にコレステロールなどがたまり腫物ができ動脈の内側が狭くなり、脂肪でできたどろどろの物質が中に詰まっています。

悪玉LDLコレステロール値が高い人は特に注意が必要です。

動脈硬化では血管が硬くなり体の隅々に血液を送ることが低下していきます。


アテローム性動脈硬化とは
動脈の内側にコレステロールなどのどろどろしたものが詰まったできものができます。脳や心臓など比較的太い動脈に起こりやすくなります。

メルケルベルグ型硬化とは
動脈の中膜にカルシウムがたまり硬くなります。中膜がもろくなり破れることもあります。大動脈、首の動脈、足の動脈に起こりやすくなります。

細動脈硬化とは
動脈の壁すべてがもろくなり壊れやすくなります。脳や肝臓の細い動脈に起こりやすくなります。








 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防

動脈硬化とコレステロール
 ・コレステロールとは
 ・働きの違うコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・脂質異常症について
 ・動脈硬化の検査

動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的
生活習慣の改善
タバコとコレステロール
タバコの煙は肺がんや喉頭がんの原因の一つとして知られていますが動脈硬化を促進させ血管にも大きなダメージを与えます。

水で血液サラサラ
脂質異常症の人の水分不足は心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。

早寝早起きの習慣
1日8時間程度の睡眠が健康に良いといわれていますが十分な睡眠がとれないと疲労が回復せず正常な新陳代謝が行われにくくなります。

ストレスと脂質異常
ストレスがたまりすぎると体にいろいろな健康被害をもたらします。

お風呂でリラックス
お風呂には静圧力、浮力、温熱の健康に良い効果があります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。