健康第一 コレステロール情報動脈硬化情報>大動脈瘤と動脈硬化

大動脈瘤と動脈硬化

大動脈瘤は心臓から全身へ血液を送る大動脈にこぶができて破裂しやすくなる病気です。

大動脈は心臓と直接つながっている太い血管です。

心臓の上のほうから出て弓なりにカーブして胸の左後ろを通りおへその下で左右に分かれています。

とでも太い血管ですが動脈硬化になると伸びたゴムのように弾力性が失われてしまい進ぜ王から送り出された血液の圧に耐えかねて一部が膨らんでこぶができてしまいます。

こぶができやすいのが心臓から出てすぐのところとおへその上で左右に分かれているところです。


大動脈瘤ができている部分の血管はもろく破れやすい状態です。そのままにしておくと大きくなり破裂して大出血する恐れがあります。

定期的に大きさを確認したり破裂する前に手術することが大切です。


大動脈解離
大動脈の壁が高血圧や動脈硬化で血管の壁がもろくなり突然内膜が破けることがあります。

症状は引き裂かれるような痛みで多いのが胸の痛みですが背中が痛くなることもあります。痛みが移動するのが特徴です。

治療は避けた血管を人工血管にする手術が行われます。


大動脈瘤破裂
大動脈瘤が破裂すると背中やお腹に激痛が起こります。多量に出血して死に至ることもあるのですぐに救急車を呼ぶようにしましょう。


健康診断と大動脈瘤
大動脈瘤は健康診断のレントゲン検査で発見されることもあります。指摘された場合は早めに詳しい検査を受けるようにしましょう。

正確な大きさを調べるためにCT検査やMRI検査などを行います。


動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防





動脈硬化とコレステロール
 ・コレステロールとは
 ・働きの違うコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・脂質異常症について
 ・動脈硬化の検査

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
早寝早起きの習慣
1日8時間程度の睡眠が健康に良いといわれていますが十分な睡眠がとれないと疲労が回復せず正常な新陳代謝が行われにくくなります。

ストレスと脂質異常
ストレスがたまりすぎると体にいろいろな健康被害をもたらします。
生活習慣の改善
タバコとコレステロール
タバコの煙は肺がんや喉頭がんの原因の一つとして知られていますが動脈硬化を促進させ血管にも大きなダメージを与えます。

水で血液サラサラ
脂質異常症の人の水分不足は心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。