健康第一 コレステロール情報動脈硬化情報>コレステロールとは

コレステロールとは

コレステロールは細胞膜やホルモンなど命を維持する者の材料になり生きていくうえで必要なものです。

コレステロールは中性脂肪などと同じように脂質です。脂は悪者のように思いがちですが脂質がないと生きていけません。

体は多くの細胞からできているのですが細胞膜の材料がコレステロールです。コレステロールが不足すると細胞の新陳代謝が鈍り血管が壊れやすくなります。

神経細胞や脳も材料の6割はコレステロールでできています。

副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどの各種ホルモンの材料、胆汁酸などの消化液の材料にもなっています。

体を維持するには必要なコレステロールですが多くなると動脈硬化を促進したり動脈硬化性疾患の危険因子になったりします。


コレステロールの8割は肝臓で合成されます。

1日に必要なコレステロールの8割は肝臓で合成され、食事から摂取される量は2割です。

食事から摂取されたコレステロールは意である程度消化された後十二指腸から出る胆汁酸や膵液【すいえき】により分解されていき小腸で吸収されます。

小腸の細胞の中でカイロクロミンという粒子に組み込まれ肝臓に運ばれていきます。


コレステロールは体に必要ですが増えすぎるとこまります。体はコレステロールの量を一定に保つようにコントロールできるのですが食べ過ぎることでコレステロールのバランスが崩れてしまいます。

食べ過ぎには十分注意しましょう。






動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
 ・コレステロール値を下げるために
コレステロールを多く含む食品、コレステロール値を上げる食品の食べ過ぎは注意しなければいけませんが、全く食べないと栄養のバランスを欠いてしまいます。

 ・コレステロール値を上げる食品
体が必要とするコレステロールのうち20%〜30%を食事からとりこんでいます。
 ・お肉の調理方法
お肉はコレステロールを含むだけでなく食べ過ぎると悪玉LDLコレステロールや中性脂肪を増やし動脈硬化や肥満を招く飽和脂肪酸が多く含まれます。

 ・お肉の上手な選び方
牛肉は種類や部位によって脂質の量が大きく違います。できるだけ脂肪の少ない部位を選んで食べるようにしましょう。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。