健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。
健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?
健康第一 コレステロール情報動脈硬化情報>働きの違うコレステロール

働きの違うコレステロール

悪玉LDLコレステロールと善玉HDLコレステロールの違いは働きの違いだけです。

LDLはコレステロールを体に運ぶ働きがあります。LDLが多すぎるということは体に余分なコレステロールがあるということになります。

HDLはコレステロールを回収する働きがあります。HDLコレステロールが多い状態は余分なコレステロールが余分なコレステロールが回収されていることを意味します。


コレステロールは脂質なのでそのままでは血液に溶けることはありません。血液中ではリポタンパクという粒子に組み込まれて運ばれていきます。リポタンパクはコレステロールを体に運んでいきます。


コレステロールが合成されるのは肝臓です。食事から摂取したコレステロールも肝臓に集まってきます。

LDLが肝臓で作られた新しい体にコレステロールを運んでいきます。HDLは古くなったり余ったコレステロールを体から回収して肝臓に戻ってきます。


食べ過ぎや運動不足による内臓脂肪型肥満がコレステロール増加の原因です。

体にはコレステロールを一定に保つ仕組みがあります。コレステロールは肉や卵、乳製品に多く含まれています。

コレステロールの多い食品を食べてもすぐにコレステロールが増えるわけではありません。

体にはコレステロールを一定に保つ働きがあるからです。食事として摂取された利用が多ければ肝臓で合成される分が減り、摂取量が少なければ肝臓で多めにコレステロールが合成されます。

コレステロールが余った場合には不要な分が体の外に排泄されていきます。

コレステロールの量は毎日調整されています。しかしコレステロールの取りすぎ、過剰なエネルギー摂取、運動不足が続くと調整能力が追いつかずにコレステロールが余ってきます。


悪玉LDLコレステロール増加の最大の理由は肥満です。

肝臓で合成されるコレステロールの原料は脂質と糖質が分解されることでできます。

脂質をとりすぎるとコレステロールも増加するので血液中の悪玉LDLコレステロール値も上昇します。

肥満がある人は肥大した脂肪細胞から脂肪酸が放出されます。この脂肪酸も分解されてコレステロールの合成に使われていきます。

肥満を伴うメタボリックシンドロームの人の肝臓では次から次にコレステロールが合成されています。肥満が強力な高悪玉LDLコレステロール血症の推進因子になっています。

TOPに戻る   
プロフィール メールフォーム サイトマップ 更新遍歴 リンク集

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。