健康第一 コレステロール情報動脈硬化情報>脂質異常症について

脂質異常症について

脂質異常症とは血液中の脂質のバランスが崩れている状態です。

脂質にはコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質があります。

コレステロールは体をを作る材料、中性脂肪はエネルギー、遊離脂肪酸は中性脂肪が分解されたものです。

脂質の中で悪玉LDLコレステロール、善玉HDLコレステロール、中性脂肪が多すぎたり少なすぎたりする状態を脂質異常症と言います。

高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症のどれかが該当すれば脂質異常症になります。

脂質異常症と判断されたら食事療法と運動療法を行い悪玉LDLコレステロールと中性脂肪を下げる治療を始めることになります。

中性脂肪を下げることができれば善玉HDLコレステロール値の上昇が期待できます。



肥満から脂質異常症、次に動脈硬化になります。

脂質異常やメタボリックシンドロームだけでなく動脈硬化も肥満により促進されていきます。すべて肥満が原因となります。

高悪玉LDLコレステロール血症はコレステロールを含む食品を食べ過ぎることと無縁ではありません。

しかし最初に考えることは肥満の対策です。肥満になるのは食べ過ぎが原因で特に中性脂肪を増やす高エネルギーの糖質や脂質の取りすぎ、運動不足によるものです。

糖質はすぐに使える効率の良いエネルギーとして消費されていきますが使われないものは中性脂肪として蓄積されていきます。

体を動かすように心がけていれば消費されていきますが食べ過ぎと運動不足が重なると中性脂肪は蓄積されたままになります。

中性脂肪が蓄積されることで脂肪細胞が増え佐田生かしますが限界を迎えると中性脂肪が血液の中に増えて高中性脂肪血症になります。

中性脂肪地が上がると善玉HDLコレステロールが減り、悪玉LDLコレステロールは増えていきます。このようにして脂質異常が加速していきます。

脂肪細胞の肥大化は高血圧やインスリン抵抗性を促す増加にもつながります。

脂質異常になりやすいかは年齢や性別とも関係しています。悪玉LDLコレステロール値や中性脂肪地は加齢に伴い上昇する傾向があります。また女性よりも男性に多く見られます。


男性は内臓脂肪型肥満が多く仕事でもストレスを抱え込みやすいことが影響していると考えれれています。肥満でメタボリックシンドロームがあり動脈硬化もある男性は仕事で大きなストレスが加わった時心筋梗塞などの動脈硬化疾患に襲われる危険があります。




食べ過ぎ・運動不足
 ↓
エネルギーがあまり内臓脂肪が増える
 ↓
なお象脂肪型肥満
 ↓
メタボリックシンドローム
 ↓
動脈硬化

男性は45歳、女性は55歳を過ぎたら注意しましょう。








 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防

動脈硬化とコレステロール
 ・コレステロールとは
 ・働きの違うコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・脂質異常症について
 ・動脈硬化の検査

動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的
生活習慣の改善
タバコとコレステロール
タバコの煙は肺がんや喉頭がんの原因の一つとして知られていますが動脈硬化を促進させ血管にも大きなダメージを与えます。

水で血液サラサラ
脂質異常症の人の水分不足は心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。

早寝早起きの習慣
1日8時間程度の睡眠が健康に良いといわれていますが十分な睡眠がとれないと疲労が回復せず正常な新陳代謝が行われにくくなります。

ストレスと脂質異常
ストレスがたまりすぎると体にいろいろな健康被害をもたらします。

お風呂でリラックス
お風呂には静圧力、浮力、温熱の健康に良い効果があります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。