健康第一 コレステロール情報動脈硬化情報>動脈硬化の検査

動脈硬化の検査

動脈硬化の診断には画像診断検査や血管の機能を知る検査などを行います。

動脈硬化が心配なときの問診では、胸の痛みはないか、手足のしびれはないか、家族に脳卒中や心筋梗塞などを起こした人はないかなどをききます。

聴診器で動脈が狭窄【きょうさく】していないか調べます。

血管の状態を詳しく調べるために血管壁がどれくらい厚くなっているか、血管内がどれくらい狭くなっているかなどを画像診断で調べたり血管の硬さや血液の流れなどの機能などを超音波検査などで調べていきます。

検査は日帰りで行うことができますが、血管造影検査や血管内視鏡検査を行う時は入院もあるので事前に確認が必要です。


動脈の硬さがわかる血管機能検査
ベットにあおむけに寝て上腕と足首の血圧などを測定するだけの体に負担をかけない検査です。新しく開発された心臓足首血管指数は血圧の影響を受けることなく血管の硬さがわかります。

血管造影検査
血管内に造影剤を注射してX線撮影を行うことで血液の流れを調べる検査です。血管が損傷していないか詰まっていないか狭くなっていないかを調べることができます。

血管内超音波検査
血管内視鏡の検査と超音波の検査が同時に行える装置を血管に入れる検査です。血管の中のより詳しい状態がわかり動脈硬化の診断に役に立ちます。

血管内視鏡検査
冠動脈血管に細い内視鏡を送り込み血管内の映像を映し出す検査です。直接血管内の状態がみられるので心筋梗塞の診断ができます。

心電図
心臓の収縮をコントロールしている体内の弱い電流を調べる検査です。動脈硬化により心臓の筋肉に送られる血液が不足し心臓の機能に異常が出ていないかを調べることができます。

眼底検査
眼底検査は眼底鏡などで唯一外から直接血管を見ることができる検査で網膜の血管の動脈硬化を調べることができます。網膜の血管だけに動脈硬化が起こることはないので全身の動脈硬化の進行状態が把握できます。



動脈硬化と関係のある脂質異常の検査

動脈硬化の治療には脂質異常症の治療が必要になります。

冠動脈疾患や脳梗塞などの動脈硬化性疾患を引き起こす脂質異常症を治療すれば動脈硬化性疾患の進行や発症を予防することができます。

脂質異常症には高悪玉LDLコレステロール血症、低善玉HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症があります。血液検査で診断を行います。

脂質異常と診断されてもすぐに薬物治療に入るわけではありません。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを発症していない人は運動療法と食事療法を行います。








 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防

動脈硬化とコレステロール
 ・コレステロールとは
 ・働きの違うコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・脂質異常症について
 ・動脈硬化の検査

動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的
生活習慣の改善
タバコとコレステロール
タバコの煙は肺がんや喉頭がんの原因の一つとして知られていますが動脈硬化を促進させ血管にも大きなダメージを与えます。

水で血液サラサラ
脂質異常症の人の水分不足は心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。

早寝早起きの習慣
1日8時間程度の睡眠が健康に良いといわれていますが十分な睡眠がとれないと疲労が回復せず正常な新陳代謝が行われにくくなります。

ストレスと脂質異常
ストレスがたまりすぎると体にいろいろな健康被害をもたらします。

お風呂でリラックス
お風呂には静圧力、浮力、温熱の健康に良い効果があります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。