健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報>おならと腸内細菌

おならと腸内細菌

おならを知れば腸の状態がわかります。

腸内細菌のバランスが崩れるとおならが発生しやすくなるので食生活の改善や生活の改善を心がけましょう。

腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在します。この二つのバランスが崩れるとおならが出やすくなります。

においのおならの場合は悪玉菌が増えている証拠です。悪玉菌はタンパク質や脂質を餌に増える筋です。腸の中を腐敗させて有害物質やアンモニアなどの臭いガスを発生させます。

臭いおならが出やすいというのは悪玉菌の好きな餌が増えるからです。

便秘になると便の成分が腐敗して悪玉菌が増えます。

ストレスや活性酸素が発生して消化吸収が弱くなると増加します。


善玉菌には悪玉菌の活動を抑える働きがあります。30代以降は減ってしまいます。

悪玉菌を減らすためには食物繊維や乳酸菌を食べるようにして腸の中の善玉菌を増やすことです。善玉菌を増やすことで腸内細菌のバランスも元に戻りおならも減ります。


善玉菌が多いと出るのが匂いのないおならです。

善玉菌は食物繊維を餌に増えるので腸内の食べ物を発酵させ消化吸収を助けたり腸の蠕動運動【ぜんどううんどう】を助ける働きがあります。

体に悪影響を及ぼす悪玉菌に比べて善玉菌は体に良い菌です。

匂いのないおならはよいおならと考えましょう。意識しなくてもバランスの良い食生活を続ければおならは自然と減ります。


長は神経細胞や免疫細胞が集まっている大切な器官です。

食生活やストレスの影響がすぐに出るので毎日腸の様子に気を付けると自分の体調にきずきやすくなります。

腸をいたわる習慣を身につければ自然に体も整ってきます。




おならの原因
口から飲み込んだ空気と腸内で食べ物を分解するときに発生するガスが合わさったものがおならです。ほとんどのガスは腸管に吸収されますが吸収されなかったものがおならとなり体の外に出ていきます。

おならは腸内細菌のバランスが崩れた時や早食いをしたり、ガムや飴を食べた時に口から飲み込んだ空気が増えると出やすくなります。


おならの対処法
 ・よく噛みゆっくり立食べる
 ・ヨーグルト、納豆、キムチなどを食べる
 ・野菜、海藻などの食物繊維を食べる
 ・よく休んでストレス解消する








 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
朝食で夜の食べ過ぎを防ぐ
朝食を抜くと健康上あまり良いことがなく体力的にも辛くなります。朝食を抜いていると夜の食事で沢山食べることになります。遅い時間にたくさん食べるとエネルギーが消費されないのですべて脂肪として蓄えられていきます。

野菜ジュースの選び方
毎日野菜を食べるのは大変なので野菜ジュースを飲んでいる人も多いと思います。野菜ジュースは毎日の生活で不足しがちな野菜の補給に大変便利な飲み物です。
 ・食生活のポイント紹介
 ・タバコと中性脂肪の関係
 ・ストレスと中性脂肪の関係
 ・リラックスでストレス解消
 ・眠りでストレス解消
 ・香りでストレス解消

 ・お肉の消化吸収を助ける果物
 ・野菜ジュースの選び方
 ・朝食で夜の食べ過ぎを防ぐ
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。