健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報>内臓脂肪と生活習慣病

内臓脂肪と生活習慣病

内臓脂肪型肥満は生活習慣病に直結する恐れがあります。

内臓脂肪型肥満は中性脂肪を増やして善玉HDLコレステロールを減らしてしまいます。

内装脂肪型肥満が危険な理由は内臓脂肪の蓄積により中性脂肪が増え、善玉HDLコレステロールが減るからです。

内装脂肪は分解と合成を繰り返しています。内臓脂肪が遊離脂肪酸に分解され肝臓に流れ込むと多量の中性脂肪に再合成されます。

中性脂肪と善玉HDLコレステロールは一方が増えると一方が減る関係にあります。中性脂肪が増えるので善玉HDLコレステロールが減ってしまいます。

善玉HDLコレステロールには血管壁にこびりついた悪玉LDLコレステロールを回収する大事な働きがありますが減少すると悪玉LDLコレステロールの回収が進まずに血管が固くもろくなってしまいます。

血管が狭くなるので動脈硬化がどんどん進んでいき内臓脂肪型肥満の怖さはこのような理由があります。



内臓脂肪がたまっている人は複数の生活習慣病にかかりやすくなります

高血圧、脂質異常症、糖尿病など一人でいくつもの生活習慣病を抱えていることが多くなります。

内装脂肪が生活習慣病を引き起こす生理活性物質を分泌しているからです。

内臓脂肪がたまっている人は危険因子が多いので生活習慣病に対する予防策を講じる必要があります。



皮下脂肪と違い内臓脂肪はつきやすく落ちやすい性質があります。

皮下脂肪と内臓脂肪には大きな特性の違いがあります。

内臓脂肪は内臓の周り、特に腸間膜と言う腸を包んでいる薄い膜と膜の間に溜まりやすくなっています。

内臓脂肪が溜まる腸間膜には食べ物から栄養分を吸収する腸管からの血管が沢山集まっています。

腸間膜に脂肪が溜まると脂肪細胞の影響を受け血流を通してすぐに全身に出てしまいます。

このような理由から皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが体の代謝をコントロールする鍵を握っていると言われています。

内臓脂肪は体の代謝と関係が深いと言う事がポイントです。



内臓脂肪はたまりやすいのですが、代謝を上げる事で減りやすいと言う特性を持っています。

特に運動を行い代謝を上げる事は内臓脂肪の減少に効果的です。

体の脂肪の中で最初に減っていくのが内臓脂肪です。

内臓脂肪は毎日の食事を上手にコントロールし毎日適度な運動を続けることで確実に減らす事が出来る脂肪です。

基礎代謝はその人の筋肉量と相関関係にあります。筋肉の量が多い人ほど基礎代謝が高くなります。

運動不足になると筋肉をあまり使う事が無く基礎代謝が下がり脂肪が付きやすくなります。

基礎代謝を上げるためには大きな筋肉を使う事が大切になります。





【気になる内臓脂肪をレベル表示】。内臓脂肪レベルを59段階で表示。
【乗るだけの測定姿勢だからより正確で簡単】。手を上げる必要のない、自然な立ち姿勢で測定できるので測定姿勢の変化による誤差が生じにくく、より正確に測れます。

TANITA 【今日からメタボ対策】 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン ホワイト TF-206-WH

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
毎日の食生活を見直してみる
コレステロール値が上がる理由は毎日の食生活にあります。

食べ過ぎない知識を覚える
食べ過ぎを防ぐにはゆっくりと食べることから始めます。かきこむように早食いすると満腹を感じる前に食べ過ぎてしまいます。忙しくても1回の食事に15分以上はかけるようにしましょう。
代謝が上がればダイエットになります
基礎代謝の20%は筋肉で行われています。ちなみに脳は18%で、いろいろ考える事、勉強して脳を使うことでもエネルギーを消費できます。

基礎代謝と運動
基礎代謝【きそたいしゃ】というのは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために体の中で必要なエネルギーのことです。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。