健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。
健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?

健康第一 コレステロール情報>内臓脂肪型肥満の解決方法

内臓脂肪型肥満の解決方法

内臓脂肪型肥満の人には傾向があります。

 ・痩せなのに大食い
 ・手足に対してウエストが太い
 ・ダイエットの後のリバウンドがある
 ・運動不足の人


内臓脂肪が多いと生活習慣病の危険性が通常よりも高くなります。

体重が重くない人は全く問題無いと考えてしまいがちですが、体重が低くてもお腹が出ている人は内臓脂肪型肥満のおそれがある可能性があります。



内臓脂肪は代謝が良いので皮下脂肪よりも落としやすい特徴があります。落としやすいので簡単に結果を出すことが出来ます。


内臓脂肪を落とすためには、食事のカロリーを減らし、油物・揚げ物を控え、少しいつもよりも余分に歩くだけでもだいぶ違います。

運動が良いからといって急激に運動を始めると、心臓に負荷がかかりますので、徐々に歩く量を増やすと良いでしょう。

内臓脂肪を上手に減らすためには毎日の軽い運動がポイントになります。
ジムに通う必要はありません。自宅でも出来る軽い運動を毎日の生活で少し余分に動くようにすればよいのです。

内臓脂肪が少ない人は病気にかかりにくいと言われています。
余分な内臓脂肪を溜め込まないようにするには食べ過ぎないことです。

揚げ物や脂身の多い肉はほどほどにすることが大切です。
砂糖も内臓脂肪のもとになるので砂糖の多い清涼飲料水はたくさん飲まないようにしましょう。

内臓脂肪を減らすためには食事と同じように運動が欠かせません。毎日8000歩くらい歩くことを目指します。
エスカレーターやエレベーターを普段使っている人は意識して歩くようにしましょう。

運動を少しでも多くする人はお腹の内臓脂肪がたまりにくいことがわかっています。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも減らしやすい脂肪です。
食生活と運動の量を見直すことで比較的簡単に落とすことが出来ます。


 ・体脂肪とコレステロール
 ・食べ過ぎの原因【ながら食い】
 ・筋肉の材料タンパク質


お酒は内臓脂肪の天敵です
飲酒をしていと内臓脂肪がたまりやすくなります。内臓脂肪を減らすためには飲酒を辞めましょう。一番簡単で手っ取り早い方法です。。
アルコールは、脂肪を体内に溜めやすく毎晩晩酌をする年齢になると【ビール腹】になるのは、このせいです。
晩食のおつまみである油物を控えて、更に甘い物を控えると内臓脂肪は確実に減っていきます。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記


筋肉を増やしてダイエット 基礎代謝量の約20%は筋肉で使われています。脳や心臓などでも基礎代謝量は使われていますが、自分の力で基礎代謝の量を増やせるのは筋肉だけです。筋肉を増やしていけば基礎代謝量が増えていくので痩せやすい体になります。
肥満のタイプ
 ・りんご型肥満
 ・洋ナシ型肥満
 ・隠れ肥満
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。